木材の塗装作業

 

悪徳業者に騙されずに優良業者を選ぶ方法

外壁塗装は住宅の外観だけではなく、耐久性にもかかわる重要なものです。しかし、その重要さの分だけ費用も高額であり、また条件によって大きく異なるため、相場が捉えづらいという特徴があります。そのため、外壁塗装業者の営業の中には、悪質な業者も多くいます。そのためこのページでは、悪徳業者を見抜き優良な業者を選ぶための方法をお伝えします。

 

警戒されやすい!外壁塗装業者営業のイメージ

残念ながら現状では、外壁塗装の営業全体が警戒されがちになっています。一部の心ない悪質な業者のせいで、トラブルが後を絶たないからなのです。それでは何故そのような悪質な営業が増えてしまっているのでしょうか?それは以下のような原因があるのです。

 

1.相場が分かりづらい

これが悪徳業者がはびこる一番の原因になっています。外壁塗装は人件費や使用塗料などによって費用が異なり、さらに業者ごとに面積の算出方法が異なっています。そのため、一つの業者の意見を鵜呑みにせず、他の業者にも見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

2.必要なリフォームが判断しづらい

これも消費者には分かりづらい部分です。外壁塗装は約10年が目安となっていますが、ひび割れがおきているなど外壁の状態によっては、もっと早い時期に塗装が必要になります。正確な状態を知るためにも、他の業者の診断も受けるようにしましょう。

 

3.現場と意思疎通ができていない

自社での施工ではなく、下請け業者に任せている場合によくある例です。営業が言っている条件と、現場の職人との連携が取れていない場合、施工期間がずれてしまったり、手抜き工事が横行してしまったりします。そのため営業の言うことのみで判断せず、業者の評判も確認するべきです。

 

 

これらの原因をまとめてみると、悪質な業者は消費者が実際の作業を知らないのを利用して、無駄な費用を支払わせていることが分かります。そのため正確な知識を身につけ、依頼する業者を慎重に選ぶことが必要なのです。

 

それでは、悪質な営業によってどのようなトラブルが起こっているか、実例を見てみましょう。

 

実際にこんなトラブルがあった!

悪質な訪問販売のせいで起きたトラブルを紹介していきます。これらの事例を知り、実際に被害を受けてしまわないように気を付けていきましょう。

 

1.塗料をごまかしていた

よく起きているトラブルです。「自社オリジナル塗料を使用している」「今流行の塗料です」などと言って、質の低い塗料を使用するのです。特にセラミック系の塗料はセラミックが含まれていれば、どんなものでも名乗れるので、悪質な訪問販売の手口によく利用されてしまっています。

 

2.不必要な工事で代金を請求された

最初は外壁塗装だけという話だったのに、契約した後で追加で工事を行い代金を請求することもよくある手口です。雨漏りを口実にして、床下や屋根などのリフォームなどを追加するのです。契約前に診断するのではなく、後から勝手に追加しようとする業者は絶対に信用してはいけません。

 

3.代金を支払った後で逃げられた

代金を前払いで受け取っておいて、そのまま行方をくらませるのも悪徳業者によくある手法です。外壁塗装を依頼するときは、必ず契約書を交わすことと、代金は後払いであることを確認しておきましょう。

 

 

これらのトラブルを避けるためにも、外壁塗装の訪問販売は警戒しておくことが必要です。しかし、すべての訪問販売が悪徳業者であるわけではありません。訪問販売で素晴らしい施工に出会えた例も紹介していきます。

知っておきたいのは全てがブラックではないこと

改めて確認しておきたいことは、すべての営業が悪徳業者であるとは限らないということです。なかには、本当に優秀で実績のある訪問販売員もいるのです。例を挙げれば、初めての外壁塗装で相場が全く分からないお客様に、自社だけではなく、他社の見積もりをとることを熱心にすすめたり、雨漏りの応急処置だけをしてゆっくり業者を選びように伝えたりしてくれる人もいるのです。

 

そういう訪問販売員は「外壁劣化診断士」や「雨漏り診断士」などといった資格を持っていて、本当に塗装が必要だと判断して訪問していることがあります。これらの資格を本当に持っている場合は、信用できると言えるでしょう。とはいえその場ですぐにはっきりとした診断を出そうとしたり、見積金額を提示したりする場合は、やはり危険です。そもそも詐称であった場合、素人には見分けがつかないことも多いのです。

 

それでは次は、このような優良業者と悪徳業者を見分けるための方法をお知らせします。

関わってはいけない営業の見極めポイントと対処法

もしあなたの家に外壁塗装の営業がやってきたら、どのようにして安心できる業者なのかどうかを見分ければよいのでしょうか?その方法は以下の3つです。

極端な値段を提示する

数十万単位の値引きを提示してくる業者は危険です。「キャンペーン中です」「工程の一部の費用を値引きします」などといった文言は信用しない方が良いでしょう。特に工程の値引きは、その分下請けに無理を強いていたり、手抜き工事前提であることが多いのです。

 

自社施工ではない業者

これは場合にもよりますが、塗装専門業者を名乗っていながら、自社施工ではなく下請けに任せている業者は警戒した方が良いです。総合リフォーム業者の場合は、下請けでも問題ないこともあります。その場合は一社専属か、職人の名前や保有資格を知っているかなどを確認しましょう。

 

すぐに契約させようとする

すぐに契約を迫る業者も危険です。外壁塗装は慎重に検討する必要があるものです。「すぐに契約すれば値引きに間に合う」などという言葉は信用できません。例え、雨漏りなど差し迫った状況でも応急処置などではなく、すぐに工事の契約を取ろうとする業者は絶対に信用してはいけません。

 

 

これらが悪徳訪問販売員を見極めるコツです。他にも塗料の種類などを質問して、すぐに答えられない業者は怪しいと思った方が良いでしょう。それでは訪問販売員を見抜くコツを身に付けた後は、見積もりで業者の良し悪しを見抜く方法を身に付けましょう。

 

見積は業者の良し悪しを見極めるパロメーター

優良な業者を選ぶためには、複数の業者に診断と見積もりをとることが必要です。複数の会社に見積もりをとると、「相手を信用していないようで申し訳ない」と思ってしまう人もいるようですが、その心配は不要です。

 

費用が高額で相場もまちまちであり、また次回の塗装までの年数が長くなっている外壁塗装では、業者と消費者の信頼が第一です。そのため、塗装業界は複数の業者で相見積もりをとることが基本になっているのです。そのため、他の業者に見積もりをだすことを嫌がる業者は、その時点で信用できない業者であると分かるのです。

 

他にも、見積もりの項目にも注目することが大切です。使用する塗料の名前は明記されているか、塗装する面積や場所に不備はないか、塗装は下塗り・中塗り・上塗りの三回に分かれているか、といったことを見積もりで確認しましょう。これらが曖昧な場合はどんどん質問していきましょう。

 

見積と質問で悪徳業者を見分けられる

外壁塗装はすぐに決めるのではなく、時間をかけて最適な条件を煮詰めることが必要です。だからこそ、見かけだけの安さやサービスに惑わされずに、信頼できる業者を選ぶことが重要なのです。そのためにも、見積は必ず複数の業者から取り、あなたの疑問に正確に答えられることを確認しましょう。そうすれば悪徳業者に騙されず、あなたの住宅をしっかり保護することができます。

 

未分類の関連記事
  • 緑色の塗装をする作業員
    ローンをかしこく利用して外壁塗装を成功させよう
  • 優良業者?悪徳業者?外壁塗装業者を見抜くコツ
  • 庭と住宅
    外壁塗装にも旬がある?塗装にうってつけの季節とは…
  • 模型に色を塗る作業着の人物
    群馬の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 3つの家の模型と2本のハケ
    鹿児島の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • パレットとブラシと家の模型
    和歌山の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
おすすめの記事
作業服を着た2人の男性
未分類
東京でおすすめの外壁塗装業者~カルテット~ 東京にはカルテットと呼ばれる外壁塗装業者が存在しており、多くの方から高い人気を集めています。ここ...
ピンク色の壁と白い塗装
未分類
  外壁塗装は工程を理解することが重要です!  初めて自宅の外壁塗装を依頼する人は、どんな作業をするのか分からず、不安になりますよね。ここで...