緑色の塗装をする作業員

 

外壁塗装で下塗りをする理由とは~3回塗りをする理由~

 

外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りを行います。

しかし、これは無駄な工程なのでは?という疑問を抱く人も少なくありません。

ということで、ここでは3回塗りの重要性を紹介していくので、一気に今ある疑問を解決していきましょう。

どうして3回も塗る必要があるのか

塗装する際に、わざわざ3回も塗る必要性があるのか疑問に感じる人もいます。

1度塗るだけで不十分なのには理由があり、その理由というのが、付着力にあるのです。

下塗り、中塗り、上塗りに関してが以下になります。

 

1,下塗り

この下塗りは、ベースとなる工程になります。

最初の下塗りは、付着力を高める役割があり、塗装の剥がれにくさに繋がるのです。

下塗りに使用する材は基本的に目立たない色が利用されます。

 

2,中塗り

この段階から、外壁の色を塗り始めます。

しかし、1回目の色塗りでは、色合いにムラができやすく満足のいく出来栄えにはなりません。

そのため、次の上塗りという最終工程が必要になるのです。

 

3,上塗り

この上塗りは、いうなら仕上げです。

中塗りで色を塗るものの、ムラがあるので、そのムラをカバーして綺麗に仕上げます。

上塗りは、仕上げでもあるので一番丁寧に取り組まなければいけない部分です。

下塗り塗料の重要な役割

 

下塗りは付着力を高める役割を果たすため、非常に重要な工程といえます。

でも、その他にもいくつか重要な役割を担っているのです。

ということで、その役割について紹介していきます。

 

【吸い込みどめ】

外壁材は塗料を吸い込もうとする性質を持っています。

そのため、塗料を直接塗ってしまうと、吸い込まれてムラが生まれる原因になるのです。

これを防ぎ、綺麗に仕上げるためにも下塗りは必須といえます。

 

【新塗料の発色を邪魔させない】

元々塗ってあった塗料の上に新しい塗料を塗ると、旧塗料に発色を邪魔される恐れがあります。

例えば、旧塗料が真っ赤だった場合、白い塗料を塗った際に赤色のせいで、真っ白な見た目にならないというイメージです。

このような問題を防止するためにも、発色が邪魔されないように下塗りで対策を施します。

 

これらのことを知れば、下塗りの重要性が良く分かるはずです。

下塗りは決して無駄な工程ではありません。

それを理解するだけでも、外壁塗装への理解度が高まることでしょう。

今度は、この下塗りの方法に関して紹介します。

 

【下塗りをするために行なうこと】

下塗りをする際の基本は、足場をしっかりと作ることです。

足場がなければ、作業もやりにくく苦労します。

自分で塗装をしようと考えているなら、しっかりと足場作りはしておきましょう。

足場が整った後は、高圧洗浄で下地を綺麗に洗浄します。

この作業をすることで、下塗りをしっかりとすることができるのです。

次に、養生をしますが、この養生というのは、塗料が窓や乗り物に飛び散らないようにするための保護のことをいいます。

シートはホームセンターで簡単に入手できるので、自分で塗装をする際は、忘れずに用意しておきましょう。

下塗り塗料の種類

下塗りの塗料は、複数存在しています。

シーラーやフィラー、プライマーなど、下塗りで利用しますがそれぞれが様々な特徴を持っているのです。

 

・フィラー

凹凸や段差を平らにする際に使われます。

 

・シーラー

接着剤の役割を持っています。

また、吸い込みを抑え、色ムラの防止に役立ちます。

 

・プライマー

シーラーと同じく、接着剤の役割を持ち、特別大きな違いはありません。

 

 

シーラーはプライマーの一種とされており、粘り気などに違いはあるものの、その他には大きな差はないとされています。

ただフィラーは用途が大きく違い、ひび割れや凸凹など隙間を埋めるのに使われるケースが多いです。

3回塗りじゃない塗料もある?

ダイヤモンドコートで塗装すると、10年は色褪せることがないとされています。

料金が高いのが問題ですが、耐久性が非常に長いため、将来的に見ればお得といもいわれているのです。

耐久性は15年以上とされており、一度施工すれば当分外壁塗装をすることもなくなります。

ダイヤモンドコートは、認定施工店の審査を通過した業者だけが使える塗料で、通常の3回塗りではなく4回塗りなので、通常の塗装と比べると特殊です。

オリジナル塗料に注意

現在、日本には大手塗料メーカーが3社ほど存在しています。

大手というだけあり、資金力も豊富なので商品の研究、開発という面では圧倒的に有利です。

そのため、このような大手塗料メーカーが市場に送り出す塗料は安心して利用することができます。

一方、中小企業の塗料メーカーが取り扱うオリジナル塗料というものは、信憑性にかけるため、安心して利用することができません。

値段も安く、他の塗料より優れているというように商品のアピールをしてるのであれば、なおさら信憑性が低くなるでしょう。

もし、安くて優れた塗料があるのであれば、すぐさま話題になるはずです。

ということで、オリジナル塗料を利用する際は、あまり期待しすぎないようにしましょう。

塗料選びは外壁塗装の質に直接関わる!?

外壁塗装をする上で、塗料選びをすることはとても大切です。

優れた塗料を使えば、耐久性の面でも発色の面でも心配する必要がありません。

外壁塗装にはお金も手間もかかるため、この耐久性と発色という要素は、非常に重要な部分となってきます。

ですから塗料選びにはこだわり、綺麗に塗装できるようにしましょう。

未分類の関連記事
  • 赤と青と緑の3つのハケ
    意外と知らないセラミック塗料の本当のところ
  • 塗装作業
    外壁塗装の常識!塗装を成功させるカギは足場づくりだった!!
  • 塗装作業前の建物
    初めて屋根塗装をする人のための見積もり相場ガイドブック
  • ハケを持つ人と家の模型
    徳島の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 赤い柄の2本の刷毛
    長崎の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 赤色の木材住宅
    雨の日にする外壁塗装はNG?悪徳業者の落とし穴にご用心!
おすすめの記事