赤色の木材住宅

 

 

雨の日は塗装ってできるものなの?

外壁塗装を頼むときに、工事中の雨がどう影響するのか気になりますよね?もし雨がダメならどんなに必要な場合でも、梅雨のような雨の多い季節は塗装をできないことになってしまいます。ここでは雨の日に外壁塗装ができるのか?またどんな天気が外壁塗装に向いているのかを理由を含めて紹介しています。外壁塗装を検討している人はぜひチェックしてみましょう。

 

雨の日に塗装することはできるのか

工事中に全行程の間、晴天なら問題ありませんが、雨天になってしまう場合があります。雨が降ると塗装作業に支障をきたしてしまうので、基本的に雨の日に塗装をすることはできません。

 

しかし、外壁塗装作業を全面的に中断するわけではありません。例えば仮設足場工事をしたり、養生シートを建物にかけたりする作業は問題なく行うことができます。あくまでも塗料を扱った工程を中断するという事です。

 

雨の日に塗料を使った作業を行ってしまうとどうなるのでしょうか?次で具体的な弊害について紹介しているので見ていきましょう。

雨の日に塗装できない理由とは

雨の日に塗料を使ってしまうと様々なデメリットが起こります。ここではどんな弊害があるのか?また塗料にとって好ましい気候とはどのようなものなのか知っておきましょう。

 

雨が塗料に与える悪影響

まず塗料が水分を含むとその分、薄まってしまい本来の純度を損なってしまいます。その状態で塗装をすると十分な機能を持たない塗料を外壁に使うことになってしまいます。また水と塗料はキレイに混ざるわけではないので、塗り上げた状態は水玉模様のようにまだらのある仕上がりになってしまいます。

 

塗料を使うのに適さない天候

塗料メーカーの塗料にも明記されているのですが、気温5℃以下または湿度85%以上の天候での塗装は避けるべきだとされています。雨が振っていない状態でも、梅雨など湿度が高い場合は向いていませんし、湿度が問題なくても気温が5℃を下回ると塗料の性能を損なってしまいます。

 

 

一方、雨の日の塗装が好ましくないのは、外壁だけではないようです。屋上防水工事などでも注意すべき点があります。外壁塗装と合わせて屋上の工事も検討している人は、こちらも合わせて知っておきましょう。

屋上防水工事も雨の日は施工NG

 

屋上防水といっても施工方法には様々な方法があります。しかし雨の日はどの方法でも、施工を行うことはできません。外壁塗装とは違い雨を遮る屋根が存在しない屋上は、外壁のように部分的に養生をして塗装をすることが難しいからです。工程別に分けて雨の日が向かない理由を確認していきましょう。

 

塗材を使用する場合

屋上防水でも外壁塗装のように塗料を塗る工程があります。これは外壁塗装と同じ理由で、雨水が塗料を変質させてしまうので好ましくありません。

 

シート防水の場合

雨水が付着することでシートとシートの接着時に不具合が生じてしまい、屋上防水工事の仕上がりを損ないます。雨天時の作業には向いていません。

 

アスファルト防水の場合

アスファルト防水は、アスファルトの接着時のバーナーで炙ったうえで接着します。そのため熱を奪う雨が降っていると、十分に熱を加えることができず接着不良を起こしてしまいます。

 

 

このように屋上防水工事では、外壁塗装以上に雨に気を付けなければいけないことが分かります。しかし、中には外壁塗装や屋上防水工事で雨が降っていても、十分な対策も取らず塗装作業を行う業者がいます。こういった業者は悪徳業者に該当します。悪徳業者に施工を依頼しないように、その特徴を知っておきましょう。

こんな業者に要注意

塗装工事を雨の日に行う業者は、十分に悪徳業者だといえます。ここまでの説明で明らかに、塗料の性能を損なうことがわかっています。それなのに塗装を行おうとするのはなぜなのでしょうか?ここではその理由と業者選びのポイントについて触れていきます。

 

雨でも塗装したい理由

プロの業者なら、雨の日に塗料を扱うと明らかな施工不良になることは分かるはずです。しかし実際には雨の日でも塗装を行う業者がいます。その理由は業者側の都合によるものがほとんどです。

 

例えば雨が降ることで予定したスケジュール中に、雨天中止を組み込むとそれだけ工期が遅れてしまいますし、設備をレンタルしている場合、業者側が延長料金を負担するといったしわ寄せをこうむることになります。そのためスケジュール通りに工事を終わらせたい業者は、雨でも関係なく工事を進めようとします。

 

優良企業を選ぶポイント

良い業者を選ぶのは当然のことですが、以外に難しい課題でもあります。外壁塗装の良し悪しを決めるのは業者選びにかかっているといっても過言ではありません。あなたの家の外壁に適した施工ができる業者かどうかを見極める必要があります。

 

腕が確かなことはもちろん。地域密着型で地域性を把握していてすぐに対応できる距離にいると、なお好ましいです。外壁塗装は一度済ませたら終わりというわけではありません。同じ業者に担当してもらうことで、外壁の特徴などを良く安心して任せることができます。また、もしも場合にも迅速に対応してもらうことができます。

 

このように業者選びのポイントは様々ですが、これらに注目して業者を選ぶようにしておけば、まず失敗することはありません。一方で、外壁塗装にうってつけの気候はあるのでしょうか?外壁塗装を依頼するのに適している季節などについても把握しておきましょう。

塗装に適した気候とは

既に説明したように「気温が低く、湿度が高い天候」は塗装に向いていません。

逆に考えるとこれらの天候以外は、すべて「塗料を使うのに適した天候」という事になります。中でも「湿度が低く、気温が高い」天候が安定して多い季節がベストです。そういった条件から、ほどほどに湿度が低く、気温が高い季節が適しているといえます。両方のバランスを考えて春が外壁塗装に向いている季節になります。

まとめ

依頼する業者や依頼するのに丁度いい季節などを知っておくことで、失敗しない外壁塗装をすることができます。

外壁塗装を100%成功させたいなのら、少しでも仕上がりに支障をきたす可能性の要素は排除するべきです。そうすることで、高品質で長持ちする外壁にすることができます。頻繁にできない工事だからこそ、慎重に確実性のある仕上がりを実現できるように配慮しましょう。

 

 

未分類の関連記事
  • 塗装用の足場が組まれた建物
    外壁塗装の工程や工期を知ろう!
  • 外壁塗装をした人の体験談に学ぶ業者選びのポイント
  • 塗装作業をしている業者
    屋上の防水工事の種類と特徴を知ろう
  • 青い塗料のローラー
    兵庫の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 作業準備をする男性
    福島の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 栃木の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
おすすめの記事
白い作業服の男性作業員
未分類
愛知でおすすめの外壁塗装業者~小林塗装~ 外壁塗装は住宅を風や雨の影響から守り、外観を美しく保つために必要な施工です。愛知では小林塗装に外壁...