• 外壁 塗料
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ペンキローラーで壁を塗る
    2017年08月16日 外装材と塗料
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • ペンキ
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    2017年08月15日 外装材と塗料
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 塗料とハケ
    2017年08月15日 外装材と塗料
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
7色の塗料

アルミサッシの塗装はいる?アルミ塗装の必要性について

 実はアルミサッシにも「塗装」ができることを知っていましたか?アルミサッシは未塗装でも使うことができますが、塗装することにより、さらに扱いやすくすることができます。アルミ塗装について詳しく説明します。

アルミサッシの塗装や補修

アルミサッシに塗装することはできるのか?アルミ塗装は必要か?

①アルミ塗装について

 以前のアルミサッシは塗料の密着がしづらく、塗料が剥がれやすかったため、あまり塗装されることがありませんでした。
 しかし、現在では専用の塗料や、その他の用途にも使いやすい塗料が開発されています。そのため、適切な工程を踏まえさえすれば、アルミサッシへの塗装も可能になっているのです。

 

②アルミ塗装の必要性

 では、アルミサッシへの塗装には、どんなメリットがあるのでしょうか?アルミ塗装を行う理由は4つあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 


  1. 表面に付着する白い斑点を防ぐ
     アルミサッシは錆への耐性が高く、鉄などの他の金属ほど目立ったものではありませんが、白い斑点上の錆が浮いてくることがあります。これを防ぐためには塗装で表面を覆うことが手っ取り早いのです。
  2. 腐食を防止する
     アルミサッシは軽くて丈夫ではありますが、放っておけばだんだんと内部から腐食し、いずれは使えなくなってしまいます。しかし、アルミ塗装ならその進行を格段に遅らせて長持ちさせることができるのです。
  3. 物件の色合いに合わせる
     錆や腐食といった問題だけではなく、物件の色合いに合わせてオシャレなコーディネートをすることもアルミ塗装の重要なメリットです。専門の塗装業者に相談すれば、あなたの理想に合った素敵な色にしてくれるはずです。
  4. 交換よりも費用が安い
     アルミサッシ全体を交換するのは、かなりの費用がかかります。ですが、塗装するだけなら業者に依頼しても、その数分の一の費用で済ませることができます。詳しくは下記のアルミサッシ塗装の相場価格で説明します。

 いかがでしょうか?アルミサッシへの塗装は、メンテナンスの面から見ても、景観上の面でもメリットが大きいものなのです。それでは次に、サッシにはどのような種類と特徴があるのかをみていきましょう。

サッシの種類

 ここではアルミサッシを含めて、サッシの種類と特徴について説明します。それぞれの特徴を理解して、快適な生活を送るための基礎知識にしましょう。

  1. アルミサッシ
     耐久性や防火性が高く、軽いので窓の開け閉めもしやすいことがメリットです。また錆にも強いという特徴があります。デメリットは断熱性が低く、外気が入りやすいことです。日本ではもっとも多く普及しているサッシです。他のサッシに比べればかなり丈夫で、腐食しにくい素材ですが、さらに完璧に腐食を防ぐためには塗装が不可欠です。
  2. 樹脂サッシ
     断熱性が高く、また気密性にも優れるため防音性も高いことや、加工がしやすくデザイン性も高いことがメリットです。デメリットはアルミなどの比べ強度が弱いので、厚みを持たせるため開閉がしにくいこと、紫外線ダメージに弱いこと、価格が高くなりやすいことです。これらの特徴から、日差しが強くなく寒い地域に向いています。
  3. 木製サッシ
     断熱性が高く結露などに強いことと、木造住宅などのデザインに合わせやすいことがメリットのサッシです。アルミサッシの登場以前は日本でもっとも普及していましたが、現在は数が少なくなっています。デメリットは設置コストが高いことと、雨などによる劣化に弱いこと、塗装が剥げやすいため定期的に塗り直しが必要なことです。
  4. 複合サッシ
     アルミと樹脂、木製サッシなどの複数の素材を組み合わせたサッシです。メーカーごとに開発を進め、各素材ごとの特徴を組み合わせることで使いやすいものを追求しています。一般的には外側に丈夫で軽いアルミを使い、内側に断熱性の高い樹脂や木材を使用しています。

 

 以上が現在普及している主なサッシです。それぞれに特徴がありますが、そのメリットとデメリットをしっかり押さえて、メンテナンスを行うことが快適な生活を送るために必要です。特にサッシを長持ちさせるための方法が、専門家による正確な塗装です。次はアルミサッシ塗装の相場を確認してみましょう。

 

 

アルミサッシ塗装の相場価格

 アルミサッシへの塗装は、専門塗料の用意や密着処理剤の塗布などの下処理が必要になるため、塗装業者に依頼することになります。塗装業者に依頼した場合、一か所につき大体4~6万円程度が主な相場となっています。

 もしこれが塗り替えではなく、サッシ自体を交換するならば15万円~20万円は掛かってしまいます。それを考えると、アルミ塗装では3分の1から4分の1という低価格で済ませることができるのです。

 また塗装により、劣化を防ぎ長持ちさせることができるため、長期的にみてもメリットが大きいのです。そのため、サッシの不具合を感じたときは交換を考える前に、まず塗装業者に相談することにしましょう。

 

 

まずは業者に見積もりを依頼してみよう!(まとめ)

 アルミサッシの劣化がすでに気になりだしている、あるいは劣化する前にメンテナンスしたいという人は、ぜひとも塗装業者に見積もりを依頼しましょう。
 見積もりだけならば、無料で実施している業者がほとんどなので、安心して依頼することができます。また、一つの業者だけに依頼をするのではなく、いくつかの業者に見積もりを出してもらい、価格やその他のサービスを確認することが大切です。
 塗装業者は外壁の診断なども無料で行ってくれる業者が多いので、ついでに他の個所の診断も任せれば、さらに大切な住宅を長持ちさせるコツがわかることができるでしょう。まずは気軽にお近くの信頼できる塗装業者を調べることから始めてみるとよいでしょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • 大きな一軒家
    高知の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 塗装作業をイメージした家の模型
    外壁塗装の耐久年数を少しでも長く延ばす方法
  • 黄色いヘルメットを着用している人
    北海道の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 塗装作業中の模型と水色のローラー
    外壁材
  • 優良業者?悪徳業者?外壁塗装業者を見抜くコツ
  • 4本のローラーとビルの模型
    熊本の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。