• 外壁 塗料
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ペンキローラーで壁を塗る
    2017年08月16日 外装材と塗料
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • ペンキ
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    2017年08月15日 外装材と塗料
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 塗料とハケ
    2017年08月15日 外装材と塗料
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
赤と青と緑の3つのハケ

 

意外と知らないセラミック塗料の本当のところ

 外壁塗装用の主流な塗料であるウレタン塗料などど並び、よく名前があがるようになってきているのが「セラミック塗料」。しかし、どういう塗料なのか専門家以外は分かりにくいものです。そこでこのページでは、セラミック塗料のメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

 

 

セラミック塗料とは

セラミック塗料とは

 まずセラミック塗料とは「セラミックの成分」を含んでいる塗料のことです。セラミックは陶磁器など、高温で焼き固めることができる無機物全般のことです。そのため、セラミック塗料は耐熱性や耐久性が高い傾向にあります。
 こうした特徴により、現在の主流であるウレタン塗料などと比べると割高ですが、高品質であるものが多いことが特徴です。そのため、利用者がだんだん増えてきている塗料です。
 しかし、明確な基準などがないのでセラミックを含んでさえいれば、セラミック塗料を名乗れてしまいます。そのため成分が少なく効果が低いものを、他の高品質な塗料と同じように扱ったり、ありもしない効果を宣伝したりする悪徳業者もいます。それらの詐欺に騙されないためにも、セラミック塗料に関する正しい知識を身につけましょう。

 

セラミック塗料に関する正しい知識

 セラミック塗料はセラミック100%ではなく、他のベースとなる樹脂と組み合わせて作られています。そのため、すべてのセラミック塗料が耐熱性や耐久性が高いわけではありません。組み合わされているフッ素やシリコンなどの特徴や、割合が重要なのです。
 そのため「セラミック塗料だから長持ちする」「セラミック100%の塗料を使用しています」などと言う業者は、絶対に信用してはいけません。これらは素人には分かりづらいセラミック塗料という名前を悪用している代表例なのです。
 もちろん、正しくセラミックを活用した優れた塗料もたくさんあります。次はそれらの塗料の特徴とメリットを見ていきましょう。

 

セラミック塗料の種類とそれぞれのメリット

 セラミックを使用した塗料には、その特長の引き出し方によって、主に3つのタイプに分けられています。それぞれの種類とメリットを確認しましょう。

 

    1. 耐熱性・耐久性の高いタイプ
       紫外線や熱に強く、硬度も高いため耐久性に優れるタイプです。断熱性が高いので、屋外の暑さや寒さを効果的に防ぐことができます。また硬度も高いので耐久性も高くなります。。代表例は「ガイナ」という塗料です。セラミック8割・シリコン2割を使用し、耐用年数も20年と長い人気塗料です。

 

    1. 低汚染タイプ
       セラミックの成分で表面を覆い、汚れを付きづらくするタイプです。乾燥させたセラミックの塗膜は、水によくなじむ効果があります。そのため、表面に付着した汚れが水と一緒に流れ落ちていくので、外壁の清潔を保つことができます。代表例は「クリーンマイルドフッソ」です。

 

  1. 着色骨材が入ったタイプ
     セラミックを入れることで、デザイン性を高めるタイプです。セラミックや石などを含ませて、外壁を岩石のような質感に仕上げることができます。そのため、高級感や立体感を出しやすくなります。デザイン性のために入れているので、耐熱性などの効果はありません。代表例は「OEM」です。

 

 

 以上が主なセラミック塗料のタイプです。これらの他にも優れた効果をもつ塗料がたくさんあることがセラミック塗料の魅力です。
 しかし、これらのメリットだけではなく、なかにはデメリットがあるものもあります。次はセラミックを含んだ塗料のデメリットを見ていきましょう。

 

セラミック塗料のデメリット

 すべてのセラミック塗料に、以下のデメリットが当てはまるわけではありません。セラミック塗料は他の成分と組み合わせるので、各製品ごとに特徴が違うからです。しかし、悪徳業者などに騙されないためにも、セラミック塗料でありえるデメリットも把握しておきましょう。

 

    1. 種類が多いので特徴を把握しづらい
       セラミック塗料は組み合わせにより特徴が大きく異なるため、特徴を把握しづらいことが大きなデメリットです。それぞれの効果が大きく異なり、価格の幅も広いため、塗料に詳しくなければ、違いが理解しにくいのです。

 

    1. ひび割れが起きやすいものもある
       セラミックは硬度が高いため、言い換えれば割れやすいという特徴もあります。そのため、セラミック塗料のなかにも耐久性は高いものの、ひび割れなどが起きやすくなってしまうものもあります。

 

  1. 悪徳業業者に利用されることが多い
     1.と2.であげたデメリットを悪用する業者が多いことが、もっとも大きなデメリットです。セラミック塗料の定義があいまいなことを利用し、安い塗料や効果の限られた塗料を、他のセラミック塗料がもつメリットすべてを持っているように語る悪徳業者が多いのです。

 

 

 以上がセラミック塗料の主なデメリットです。最後に、これらの特徴をよく理解しながら、セラミック塗料を利用する際のポイントを押さえましょう。

 

セラミック塗料を利用する際のポイント

 これまで見てきたセラミック塗料のポイントをまとめました。これらを押さえて、正しく利用しましょう。

  1. セラミック塗料は製品ごとに特徴が違う
  2. 高品質な製品は優れた効果を発揮する
  3. 「セラミック塗料」という名前を悪用する業者もいる
  4. 正確な知識を持った販売業者・塗装業者に確認する
  5. メリットとデメリットを両方説明してもらう

 

 以上がセラミック塗料を利用する際に、押さえておくべきポイントです。セラミック塗料という名前に惑わされずに、目的に合った製品を選ぶことが大切です。これらの条件を守って、正しく塗料を使用しましょう!
 

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • 4本のローラーとビルの模型
    熊本の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 外壁塗装の失敗例からトラブル回避の方法を知ろう
  • 3つの家の模型と2本のハケ
    鹿児島の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 高所で作業を行う男性
    茨城の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 耐熱塗料を塗装する作業員
    香川の外壁塗装の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 作業着とブラシ
    岩手の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。