• 外壁 塗料
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ペンキローラーで壁を塗る
    2017年08月16日 外装材と塗料
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • ペンキ
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    2017年08月15日 外装材と塗料
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 塗料とハケ
    2017年08月15日 外装材と塗料
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】

優良業者?悪徳業者?外壁塗装業者を見抜くコツ

外壁塗装をするなら業者選びが肝心

外壁塗装の優良業者を探すポイント

【ポイント1】複数の業者に見積もりを依頼する!

信頼できる業者を見つけた場合、「本当に信頼できるのか」再度チェックする癖をつけましょう。複数の業者の見積もりを比較することで、それぞれの業者の特徴と信頼度が明確になります。

単に価格だけで選ぶと、「施工が雑だから安かった」「高いのはマージンが発生していたから」ということになりかねません。どのようにコストを削減しているのか、逆にどうしてコストが掛かっているのかが分かれば、どういったこだわりがある会社なのかも分かります。

 

 

【ポイント2】契約書や見積り書、支払い条件などを書面で提示してくれる会社を選ぶ!

外壁塗装では、外壁の面積や建物の形状によって費用が100万円近くになることがあります。施工は半月ほどで終わりますが、依頼者にとっては入念に準備する大きな買い物です。契約内容や見積りについてきちんと書面で提示しながら、対面で説明してくれる業者を選びましょう。

大事な情報を口頭や電子データだけでやり取りしようとするところは要注意です。また、その逆に口頭での詳しい説明がないまま書面だけで情報を提示してくるところも危険です。必ず、口頭と書面の両方で契約内容と見積もりについて説明してくれるところを選ぶようにしてください。

 

 

【ポイント3】アフターフォローがしっかりとしているところを選ぶ

「仕上がりに納得できなかった場合、全額返金します」という業者も中にはあります。それだけ責任を持って施工を行なうというところです。また、「施工後5年間は年に2回無料点検を行ない、不備があれば無料で補修を行ないます」というところもあります。こうした業者を選べば、施工後も安心です。

たとえ「高耐久」の高品質な塗料を選んだところで、職人の技術力が不十分であったり建物や気候に適していなければ、塗料本来の力は発揮されません。「実績がある」「腕の良い職人達がいる」「アフターフォローがしっかりしている」これらを満たす業者を選ぶようにしましょう。

 

 

【ポイント4】施工実績などを知る
業者のホームページでは、「施工実績」が写真などと併せて紹介されています。外壁塗装前と外壁塗装後の建物の外観写真です。塗料の色はほぼ依頼者のセンスなので、あまり見なくても大丈夫です。ここで見たいのは、一般住宅だけでなく「公共工事」にも携わっているかどうかです。橋梁や商業ビル、学校や病院、公共の建物などの施工実績がある業者には腕の良い職人達がいます。

こうしたところを選べばきちんと仕事をしてくれます。

 

外壁塗装の悪徳業者の特徴

【ポイント1】契約を急がせる

良くない業者は「売上」を第一に考えているので、とにかく契約を取ろうと必死です。依頼者が納得するか満足するかどうかは二の次なので、契約を急がせます。「契約から着工までサクサク進めてくれる要領の良いところ」と勘違いしていては、施工後に後悔してしまうでしょう。

 

【ポイント2】不安をあおる

必要以上に不安をあおってオプションを追加させたり、高い塗料を選ばせたりするところは要注意です。この場合もやはり売上目的で行なっています。

優良業者は依頼者の不安を取り除くように、適切なアドバイスをしてくれます。依頼者の予算内で行なえる最適な施工を一緒に考えて解決策を提示してくれるでしょう。

 

【ポイント3】ありえない値引きを提示する

「悪徳業者なら売上目的だから、値引きはしないのでは」と考えるかもしれませんが、ありえないほど値引きをしてくる業者に同じく注意が必要なのです。

必ず、安さの理由を聞きましょう。もしかしたら、必要な工数を削減して「欠陥工事」を行なうかも知れません。「安い塗料を使い、雑に施工を行なった挙句、トラブルが発生しても何も保証してくれない」ことも考えられます。

 

優良業者を探す最も簡単な方法

優良業者を探すポイントは「複数の業者に見積もりを依頼すること」だと分かっていても、各業者に連絡して見積りを提示してもらうことは手間が掛かりますよね。また、「見積もりを提示してもらったからには、契約しないと気まずい」そう感じる方もいるでしょう。

 

そのような場合に役に立つのがネットの「見積もりサイト」です。住所や建物の概要を入力するだけで複数の業者からメールが届くため、簡単に素早く業者の比較ができます。さらに、業者の登録時に審査を行なっている見積もりサイトは少なくないので、登録されている業者であれば優良である可能性が高いです。こうした業者の中からさらに口コミなどで人気のところを選べば、信頼できる業者をスムーズに見つけられます。見積りサイトを有効活用して信頼できる優良業者を見つけましょう。

 

3分でできる!まずは見積もりサイトを使ってみよう(まとめ)

見積りサイトは無料かつ簡単に利用できます。まだ利用したことのない方は、ぜひ試してみてください。自分で地道に外壁塗装業者を探すより、はるかに早く自分にピッタリな業者を見つけることができるでしょう。

 

「優良業者と悪徳業者の違い」「見積りサイトを利用する」この2つを意識しながら納得のいく外壁塗装業者を選ぶことが大事です。

 

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • 塗装作業前の建物
    初めて屋根塗装をする人のための見積もり相場ガイドブック
  • 青いブラシと手袋
    宮城の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 千葉の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 資料を持つ作業員
    神奈川の外壁塗装業者をチェック!株式会社マルセイテックの評判や料金を知ろう
  • 塗料をつくる作業員
    東京の外壁塗装業者をチェック!プロタイムズ総合研究所の評判や料金を知ろう
  • 外壁塗装の必要性とリフォームのタイミング・時期
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。