• 外壁 塗料
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ペンキローラーで壁を塗る
    2017年08月16日 外装材と塗料
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • ペンキ
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    2017年08月15日 外装材と塗料
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 塗料とハケ
    2017年08月15日 外装材と塗料
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
電卓を持つ女性

ガルバリウム鋼板は屋根や外壁の施工に用いられる人気の素材です。軽量かつメンテナンス回数を減らせる優れた素材であることから、注目されています。ガルバリウム鋼板の相場価格などについて紹介します。屋根や外壁のリフォームを検討している人は、チェックしてみてください。

屋根や外壁に人気が高い!ガルバリウム鋼板

近年、屋根材や外壁に使われている人気の素材が、「ガルバリウム鋼板」です。ガルバリウム鋼板は、鉄を含む銅板に特殊な金属メッキを施したものですが、軽量かつ錆にくいため屋根や外壁に用いられています。また、ガルバリウム銅板に施されるメッキは、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、ケイ素(シリコン)1.6%が配合されています。

ガルバリウム鋼板にはメリットが多い!

家と虫眼鏡ガルバリウム銅板には、利用者と住宅に嬉しいメリットが沢山あります。主に4つの理由で選ばれているので、みていきましょう。

1.瓦や他の屋根材よりも安い

ガルバリウム銅板は他の屋根材であるステンレス銅板や瓦よりも安いため、はじめて屋根や外壁のリフォームを行なう人は、とっても利用しやすいでしょう。

2.軽いので地震対策にも効果的

ガルバリウム銅板は軽量かつ高い耐久性を誇るので、家に与える負荷が少なくて済みます。近年は、防災のために耐震構造を意識している人が増えてきていますが、ガルバリウム銅板を取り入れれば耐震性を損なわずに見た目の美しさを実現できます。

3.モダンでおしゃれな質感

ガルバリウム鋼板は見た目がオシャレなので、外壁と屋根の両方に用いる人が多いです。 また、屋根と外壁の素材を同じにすることで、メンテナンスもしやすくなるのでまさに一石二鳥なのです。

4.雪や雨の多い地域・海岸沿いの住宅にも最適

ガルバリウム銅板には、酸化皮膜を形成するアルミニウムが用いられているので錆にくくなっています。また、「犠牲防食」という機能も持ち併せていて、たとえ表面に傷が付いたとしても鉄より先に亜鉛が溶けることで錆の進行を食い止めてくれます。

ガルバリウム鋼板のメンテナンス時期と劣化の合図は?

時計の文字盤錆などの劣化に強いガルバリウム鋼板は、「メンテナンスフリー」と言われることがありますが、表面に塩分や薬剤が長期間付着した場合は、当然ながら錆びてきます。自身でも行なえる簡単なメンテナンス方法として「たまに水で洗うこと」が有効ですが、何もせずに放っておいたり表面の傷が多かったりすると、以下のような劣化現象が起きてきます。この劣化現象を見過ごさないことがメンテナンスでは重要です。 ・劣化現象1(色あせ)→塗り替えが必要です。 ・劣化現象2(浮き)→ガルバリウム鋼板が浮き、雨漏りの原因になります。ふき替えや重ね張りが必要です。 ・劣化現象3(赤錆)→傷付いたところから発生するのが赤錆です。錆を拭き取り、塗装する必要があります。 ・劣化現象4(白錆)→高温多湿で起こる現象です。白い斑点が表に出てきます。錆を拭き取り、塗装することが必要です。 ・劣化現象5(もらい錆)→他の金属の錆が移り、腐食してしまう現象です。錆を拭き取り、塗装する必要があります。 ガルバリウム鋼板のメンテナンスには専門知識と技術が必要です。定期的に業者に状態を確認してもらった方が安心です。

ガルバリウム鋼板の値段・メンテナンスの価格は?

家とお金のイメージガルバリウム鋼板の価格

ガルバリウム銅板の単価の相場は、およそ3,500~6,000円/平米になっています。 例えば、外壁が15平米の場合は、工事費用はおよそ525,000~900,000円になります。

ガルバリウム鋼板のメンテナンス(塗り替え)費用

ガルバリウム銅板の塗り替えに掛かる費用は塗料によって変わってきますが、その他にもいくつか項目があるので確認しておきましょう。ここでは、項目ごとの単価相場をみていきます。 ・足場(600~800円/平米) ・飛散防止ネット(100~200円/平米) ・養生(250~400円/平米) ・ウレタン塗料( 5,000~20,000円/缶) ・シリコン塗料(15,000~40,000円/缶) ・ピュアアクリル塗料(50,000~70,000円/缶) ・フッ素塗料(40,000~100,000円/缶) ・無機塗料(50,000~120,000円/缶) ・現場管理費(30,000~50,000円/式) ・廃材処理費(10,000~30,000円/式)

まずは業者に相談して見積りを出してもらおう

ガルバリウム鋼板のメンテナンスと見積もり依頼は、実績のある優良業者にお願いしましょう。探しきれないときには、見積もりサイトを使うことで実績のある業者を見つけやすくなります。見積りサイトには口コミも載っているため、見積り情報だけでなく業者の評価や利用時のポイントについて知ることができます。ガルバリウム鋼板を用いた屋根や外壁のリフォーム、定期メンテナンスを実施しようと考えている人は是非活用しましょう。

ガルバリウム鋼板のメンテナンスで家が長持ちする(まとめ)

ガルバリウム鋼板は元々耐久性の高い素材なので、きちんとメンテナンスを行なえば家の耐久性を長く維持できます。屋根と外壁は住宅の中でも重要な部分であり、施工作業も難しくなっています。しっかりとメンテナンスや施工を行なうために、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。業者次第で品質には大きな差が出てしまいます。安さだけで選ばずに、業者の実績と評判も調べるようにしましょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
外装材と塗料】の関連記事
  • ペンキローラーで壁を塗る
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • 電卓を持つ女性
    新素材「ガルバリウム鋼板」の価格やメンテナンス費用などについて
  • 塗料とハケ
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
  • 家を指差す工事業者の男性
    メンテナンスは必要!サイディングボードのことをきちんと知ろう
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。