塗装作業前の建物

初めて屋根塗装をする人のための見積もり相場ガイドブック

屋根塗装や張替えは、住宅を快適に保つための大切な大仕事です。その大切な仕事で悪い業者に引っかかってしまわないためにも、適切な費用相場や見積もり価格をチェックしていきましょう!

 

屋根塗装の費用相場をチェック!悪徳業者に騙されないために

屋根塗装にかかる費用相場の内訳を知っておけば、見積もりの時点で悪徳業者に騙されることを避けられます。

 

屋根塗装の費用相場

まずは屋根塗装の一般的な見積もり価格を確認しましょう。屋根塗装の見積もり価格は、各工程ごとの費用の内訳を確認することが必要です。

 


  • 足場
    屋根に上るための足場を建設する費用です。
    ・1平米 500円~1000円程度が相場です
  • 養生
    塗料の飛散を防ぐためのシート設営費用です。
    ・1平米 200円~500円程度です。
  • 高圧洗浄
    ・屋根についた付着物を洗浄します。
    1平米 100円~300円程度です。
  • 下地処理
    補修や塗料の密着を高めるための処理です。
    ・1平米 200円~1500円程度です。
  • 下塗り
    塗料は本塗りを行うことが基本です。
    ・1平米 300円~1000円程度です。
  • 上塗り
    下塗りの上に塗る本仕上げです。中塗りの費用が含まれることもあります。
    ・1平米 1000円~5000円程度です。
  • 縁切り
    隙間に埋まった塗料を除去します。
    ・1平米 200円~500円程度です。
  • 管理費&交通費
    施工時の安全管理など諸経費のまとめです。
    ・施工費全体の5%~10%程度が一般的です。

 

 

以上が主な屋根塗装の費用内訳です。業者によっては算出方法が違うため、いくつかの項目をまとめてあったり、別の項目があったりする可能性もあります。

 

しかし、まったく項目がなく「一式」などと書かれただけの見積もりは、絶対に信用してはいけません。各項目の理由を明確に答えられる業者を選びましょう。

 

次は屋根の形状別に、一般的な塗料を使用した時の費用相場を見てみましょう。

 

屋根別の塗装費用相場 

屋根の形状ごとに、費用相場について説明します。ここでは一般的な塗料である「ウレタン・シリコン・フッ素」を例に挙げてそれぞれの30坪当たりの平均的な価格例を説明していきます。それぞれの特徴を理解して、適切な見積もり価格を見極めましょう。

  • トタン屋根
     比較的安い屋根ですが、サビが浮きやすいため5年から10年ごとに定期的な塗装が必要な屋根です。

    ・ウレタン 28万円~31万円
    ・シリコン 27万円~33万円
    ・フッ素  50万円~66万円

  • スレート屋根
     現在普及している屋根のなかでも特に安く、もっとも普及していると言われている屋根です。塗装の頻度は10年程度であることが一般的です。

    ・ウレタン 24万円~31万円
    ・シリコン 25万円~37万円
    ・フッ素  50万円~66万円

  • セメント瓦屋根
     比較的高価で重いのですが、その分丈夫で長持ちしやすい屋根です。また塗装も剥げやすいのですが、丁寧に使えば10~20年ほど持ちます。

    ・ウレタン 28万円~31万円
    ・シリコン 35万円~38万円
    ・フッ素  45万円~50万円

 以上が主な屋根ごとの見積もり例です。実際には屋根の角度や、補修の必要などに応じて料金は変わってくるため、あくまで目安としてご参照ください。業者ごとの料金の違いもあるため、複数の業者で見積もりをとることが大切です。

屋根の張替え費用相場 

屋根の状態によっては塗装ではなく、張替えが必要なこともあります。張替えに必要な費用相場を確認しておきましょう。屋根の張替えは塗装以上に相場の幅が広いため、代表的なスレート屋根と日本瓦屋根の場合を取り上げます。

 

まずスレート屋根の張替えは、40万円~200万円が相場となっています。

 

日本瓦の張替えは、50万円~280万円とスレート屋根よりも相場の幅があります。

 

また日本瓦からスレート屋根へと張替える場合は、40万円から220万円程度が相場になっています。他の屋根に張替える場合は、同じ屋根に張替えるよりも少し割高になることが多いためです。

以上のように屋根の張替えは塗装以上に高額となるため、しっかりとした見積もりを取ることが必要です。また、なぜこれほど料金例に幅があるのか、その理由も次の項目で確認していきましょう。

 

 

費用相場にばらつきがある理由

屋根の張替えは塗装以上に、費用相場に大きな幅があります。その理由は地域ごとの気候条件などによって施工条件や、耐用年数が左右されるためなのです。

例としては、台風や突風が多い地域では、屋根が飛ばされたり、塗装が剥げたりしないようにする必要があります。また雪が多く降る地域では、その分だけ丈夫で重量に耐えられるようにしなければなりません。

 

他にも降雨量や、海風などによってサビを防ぐ必要があるなど、さまざまな条件によって相場が変わってくるため、お住いの地域ごとの相場を確かめる必要があります。

そして適切な費用相場を知るためには、適切な見積もり価格で施工を行ってくれる業者を選ぶ必要があります。そのため次は実際に業者に見積もりを依頼する前に、悪徳業者を見分けるための方法を確認していきましょう。

悪徳業者に騙されない方法

こんな業者は悪徳業者の可能性がある

ここからは悪徳業者に引っかからないために、よくある手口をご紹介します。

 

  1. 飛び込み営業
     知り合いからの紹介などがないのに、急に訪問してくる屋根業者は強引な勧誘を行う悪徳業者である可能性が高いです。一般的な屋根業者はチラシなどの広告や紹介などはあっても、飛び込みで営業することは少ないのです。
  2. 無料診断などの電話
     「無料で屋根の診断をします」と電話をかけてくる業者も危険です。たしかに屋根業者は無料で屋根の診断をしてくれるところも多いのですが、依頼がなければ勧誘をしてくることは、ほとんどありません。
  3. 他社の見積もりをとらせたがらない
     これも悪徳業者によくある手口です。高額であり相場が把握しづらい屋根の塗装や張替えは、複数の業者で相見積もりを取るのの常識です。これを渋るようなら、その業者は悪徳業者である可能性が高いのです。

 

これらの特徴に当てはまるからといって、必ずしも悪徳業者とは限りません。しかし、かなりの確率で危険であると言えます。

 

次は、怪しい業者を避けるために、こちらから電話で確認する方法をお伝えします。

実録!電話で悪徳業者か見分ける方法!

悪徳業者かどうかを見分けるためには、電話をかけて対応を確かめてみるのも良いでしょう。例えば壊れた屋根の修理をしてほしいと相談を持ちかけてみて、すぐに料金を提示するような業者は危険です。屋根の状態は実際に確認しなければ分からないからです。

またしっかりとした業者なら、その時点でどのような原因で壊れたか、火災保険などに加入しているかも聞いてくるはずです。なぜなら、風などの被害による破損は火災保険で全額補償されるからです。

これらの条件に当てはまれば、必ず悪徳業者を見分けられるというわけではありません。よりはっきりと悪徳業者の営業を避けるために、次の項目もチェックしていきましょう。

自分でチェック!悪徳業者の営業を鵜呑みにしないために

悪徳業者の強引な営業を鵜呑みにしないためには、工事が必要な時期を自分で見極めることが大切です。

屋根塗装の場合は、もっとも短いトタン屋根で5年~10年、長くもつセメント屋根なら15年程度を目安にすると良いでしょう。もしも、この期間よりも短く、破損や色あせなどもないのに営業にくる業者は、危険であると言って良いです。

屋根の張替えの場合も、塗装の時期とほぼ同じか、やや長い程度を目安としています。一般的には塗装とそれに伴う補修だけで十分ですが、ひび割れやカビの繁殖、瓦のズレなど全体的に劣化が進んでいる場合には、張替えを検討したほうが良いでしょう。逆に言えば、これらの目立つ劣化がないのに、最初から張替えをすすめる業者には警戒したほうがよいのです。

まとめ 

ここまで屋根塗装・張替えで大切なことを見てきましたが、その要点はつかめたでしょうか?最後におさらいしておきましょう!

 

  1. 見積もりの項目はしっかり確認する
  2. 複数の業者で相見積もりをとり、地域の費用相場を確認する
  3. 飛び込み営業には警戒する
  4. 自分でも屋根の状態や、施工の時期を確認する

 

以上が悪徳業者に騙されないために必要な条件です。そして何よりも大切なのは、信頼できる業者を先に見つけておくことです。気軽にお近くの信頼できる塗装業者を調べることから始めてみるとよいでしょう。これらの条件を守って、信頼できる確かな業者を選びましょう。

 

未分類の関連記事
  • 青いブラシと手袋
    宮城の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 塗装をする業者
    京都の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • ヘルメットを持つ男性作業員
    秋田の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 外壁塗装は節税対象?修繕費として計上されるためには…
  • 塗装作業前の建物
    初めて屋根塗装をする人のための見積もり相場ガイドブック
  • 家の模型とブラシ
    福井の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
おすすめの記事