男性社員と女性社員

 

外壁塗装・屋根塗装は火災保険が使える?~定義と注意点~

 外壁塗装や屋根塗装を検討している方でも、費用面の負担から躊躇しているという方も多いのではないでしょうか。そういった方は、ご自身の加入している火災保険の条項を再確認してみることをおすすめします。なぜなら、外壁塗装や屋根塗装には火災保険が適用される場合があるからです。このページでは、主に風災認定を受けて塗装費用を受け取るための注意点を解説していきます。

 

 

火災保険で外壁塗装ができるって本当?

◆火災保険の種類を知ろう

 一般的に火災保険と言われているものにも、実はいくつかの種類に分かれていて、補償の範囲が違っています。そのなかでも特に重要なのが「風災」の補償です。風災の補償では雨風などによる家屋の破損を修理するときに、その修理費用を全額支払ってくれるのです。また火災保険は自動車保険などの保険とは違い、等級がないため、何度申請しても補償額が落ちることはありません。

 火災保険にはどのような種類があるのかを知り、ご自身の加入されている火災保険が、どれに当てはまるのかを再確認してみましょう。

 

    1. 住宅火災保険
       最も一般的な火災保険です。火災や落雷、爆発、風災などの災害が主な補償の対象になっています。

 

    1. 特約火災保険
       住宅金融支援機構で住宅ローンを受ける際に加入する火災保険です。今では新規加入ができません。住宅火災保険に比べて保険料が安いことが特徴です。

 

    1. 住宅総合保険
       住宅火災保険よりもさらに適用範囲が広い保険です。上記の補償に加えて、水害や盗難、暴行による破損などといった被害も補償されます。

 

    1. 新型火災保険
       各社ごとに用意された独自の保険プランです。一般的には上記の住宅総合保険の適用範囲をさらに広げたものであることが多いです。

 

  1. 地震保険
     火災保険ではありませんが、実は地震によって起きた火災などは通常の火災保険の適用外となり、地震保険の対象になっています。

     以上が主な火災保険の種類です。保険会社ごとのプランや条項によって、適用の範囲が異なっていることが多いので注意しましょう。それでは次は風災の定義と適用範囲を確認しましょう。

◆風災の定義とは

 加入している火災保険の種類が確認できたら、次は風災が適用されるかどうかを確認してみましょう。まずは風災の定義の確認からです。

 

    1. 台風や暴風雨などによる家屋の破損
      風災の代表的な例です。強い雨風によって瓦が飛ばされたり、塗装が剝げ落ちたりした場合、風災の補償を受けることができます。

 

    1. 竜巻や強風などによる家屋の破損
      誤解されがちなことなのですが、台風に限らず突風などで起きた破損でも風災と認定されることがあります。

 

  1. 雹や雪による家屋の破損
    風だけではなく、雹や雪による破損も風災補償の適用範囲に含まれていることがあります。

 

 これらが主な風災の定義です。また風災の他にも落雷などによる破損も、一般的な火災保険の適用範囲になっています。これらの条件に当てはまれば保険補償により、破損した外壁塗装や屋根塗装にかかる代金を全額支払ってもらえるのです。

 しかし火災保険の申請をする前に注意しなければならないことがあります。次の項目で詳しく見ていきましょう。

 

◆まずはプロに調査を依頼しよう!~風災認定の注意点~

 風災認定の申請をする際には、自分で申請する前に、外壁・屋根塗装業者に相談することがオススメです。なぜかというと、風災認定を受けるためには調査員による鑑定が必要だからです。調査員は基本的には中立、もしくは保険会社側に立った鑑定であることが多いため、認定が通るとは限らないのです。

 

 しかし家屋の状態に関する知識が豊富で、申請経験が多い業者に鑑定してもらった場合は話が別です。もっと上手く認定が通りやすい申請の仕方を教えてもらったり、実際の手続きを代わりに引き受けてもらえたりすることもあります。

 

 

 業者による火災保険診断は、最初から無料であったり、有料であっても火災保険の申請が下りない場合は無料にしてくれたりする場合などもあるので、まずは相談してみると良いでしょう。

 

 注意点としては、必要のないリフォームなどを勝手に押しつけてくる悪徳業者もいることです。こうした業者に引っかからないためにも、経験の多い信頼できる業者に依頼することが大切です。

 

◆自然災害が原因なら、火災保険で外壁塗装をしよう(まとめ)

 ここまで見てきていかがだったでしょうか?ご自身の場合も、当てはまりそうな条件はあったでしょうか。

 

 もし自然災害が原因である破損である場合は、ぜひ火災保険で修理してもらいましょう。外壁塗装や屋根塗装は10年前後で塗り替えが必要で費用も掛かりますが、火災保険の適用ならば、費用の負担が要らないので安心して施工してもらえます。

 

 また一見して経年劣化に見える場合でも、実はプロの目から見れば風災の結果だという場合もあります。火災保険の適用は過去3年間に遡って申請できるので、雨漏りなどの被害があった場合は、諦めずに診断を依頼してみると良いでしょう。

 

未分類の関連記事
  • キャップを被った作業員
    大阪の外壁塗装業者をチェック!ミズノライフクリエイトの評判や料金を知ろう
  • 青い塗料のローラー
    兵庫の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 笑顔の男性作業員
    大阪の外壁塗装業者をチェック!マツミの評判や料金を知ろう
  • 木材の塗装作業
    外壁塗装で悪質な営業に騙されない方法
  • 黄色いヘルメットを着用している人
    北海道の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 模型に色を塗る作業着の人物
    群馬の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
おすすめの記事
屋根を塗装する作業員の男性
屋根・ベランダなどの塗装
屋根は、直射日光や雨風から建物を守る重要な部分です。屋根に欠陥があれば、雨漏りが発生してシロアリ被害や構造強度の低下を引き起こしてしまいます...
瓦屋根の家を塗装する作業員
未分類
    アパートの外壁塗装はいくらかかるのか 外壁塗装は外見を新しくできるだけではなく、アパートの寿命を延ばし、また空室を減らすためにも重要...
作業服を着た2人の男性
未分類
東京でおすすめの外壁塗装業者~カルテット~ 東京にはカルテットと呼ばれる外壁塗装業者が存在しており、多くの方から高い人気を集めています。ここ...