スマホを見ながら話す二人の女性

外壁塗装は住環境を向上させる一方で、決して安くはない費用が必要になります。コストに見合った施工を行ってもらいたいところですが、外壁塗装は手抜き工事がしやすいため数多くの悪徳な会社が存在しています。外壁塗装の会社は全国に何十万件もありますので、何も知らない状態でその中から優良な会社を見つけるのは至難の業です。こちらでは、よりよい施工をしてもらうために、本当に評判の良い優良会社を選ぶ方法について紹介していきます。

まずはここをチェック!いい外壁塗装会社とは?

外壁塗装 優良な外壁塗装会社に共通するいくつかのポイントがあります。そのようなポイントをしっかり把握することによって、数多くある会社の中から優良な会社を見つけることができます。ここでは優良な会社に共通するポイントをいくつかピックアップして紹介しますので、外壁塗装会社選びの参考にしてください。

選び方①自社で施工管理を行っている

外壁塗装会社と一口に言っても、様々なスタイルの会社があります。下請けや孫請けに施工を依頼している会社だと、こちらの意向を現場に伝えるのが難しくなり、イメージしていた仕上がりと違うものになってしまうリスクがあります。自社で施工・管理を行っている会社であれば、スムーズにコミュニケ―ションがとれて、こちらの意向をダイレクトに現場へ届けることができる為、満足な仕上がりになる可能性が高いです。また、自社で施工を行うほうが現場の管理がしやすいため、施工技術も高いレベルにあることが多いです。

選び方②理由のない安売りを行っていない

費用は少しでも安いほうが嬉しいですが、一般的な価格よりも著しく安い場合などは注意が必要です。技術が低い格安の下請けに工事を依頼している場合などもあり、そのような業者に依頼すると質の低い施工を行い、後にトラブルとなるリスクがあります。激安価格で施工を行っている業者には飛びつかず、なぜ価格が安いのか理由をハッキリさせてから施工を依頼することが大切です。

選び方③見積書が詳細に記載されている

見積書をより詳細に記載している外壁塗装会社であれば、信頼することができるでしょう。どのような塗料を、どれくらいの面積に使用して、どれくらい費用がかかっているのか詳しく記載されているかを確認しましょう。また、塗料のメーカーや、商品名などが記載されている会社であればより安心して施工を任せることができます。

選び方④請負契約書を作成する

しっかりと請負契約書を作成し、契約内容を書面に残しておくことは非常に重要です。施工を終えた後に話していないようと違う仕上がりになった場合、口約束だと言った言わないの水掛け論になってしまいます。悪徳な会社の中には請負契約書を作成せずに、見積もりよりも高い金額を請求する場合がありますので、請負契約書を作成するところを選ぶようにしましょう。

選び方⑤3度塗りを行うか

優良な塗装会社であれば、下塗り、中塗り、上塗りと、3回塗装の作業を行います。しかし、中には塗装を行う回数を減らすことでコストを減らし、利益を多くするため3度塗りを行わない悪徳な会社も存在しています。3度塗りを行うのと行わないのでは性能に大きな差がありますので、予め外壁塗装業者に確認し、更に現場を見に行くなどしてチェックをするようにしましょう。

悪徳な会社にはこんな特徴がある!

様々なリフォームの中でも、外壁塗装の工事は比較的手抜き工事がしやすいといわれており、悪徳な会社による手抜き施工がトラブルに発展するケースが非常に多いです。外壁塗装の施工は高額ですので、値段に見合う施工をしてもらうためにも、悪徳会社に共通する特徴を把握しておきましょう。

特徴①契約を急がせる

悪徳な外壁塗装会社の場合、塗料の品質が低かったり、価格が高かったりするので、他の会社と比較した場合に選ばれないことが多いです。その為、飛び込みの営業をかけて、その場ですぐに契約を迫るケースが非常に多いです。一度契約をしてしまうと、すぐに工事が始まってしまい、キャンセルするのに高額なキャンセル料が必要になってしまいます。外壁塗装会社と契約する際は、一度他の会社と比較したり、熟考したりする時間をもつようにして、その場で決めないようにしましょう。

特徴②不安をあおる

悪徳な会社の常套手段として、「今すぐ外壁塗装をしないと家が壊れる危険がある」といった言葉で不安をあおるという点です。不安をあおって思考力を鈍らせて、その場で契約に持ち込むことが多いので、不安をあおるようなことを言う業者には冷静に対処しましょう。更に、「近くで工事があり塗料の余りが出たので、今すぐ契約すれば安くなります」といった、この場で契約させようとする言葉がセットで出た場合は要注意です。

特徴③長すぎる耐用年数を提示する

外壁塗装の耐用年数は、長いものでも20年程となっています。中には30年や40年といった耐用年数を提示するところもありますが、本当に40年もの耐用年数があるかは疑問です。年月が経つにつれて、契約内容や塗料の性能などがあやふやになることを狙っていますので、長すぎる耐用年数を提示する会社は警戒しましょう。

特徴④連絡が取れなくなる

施工が終わった後に連絡を取っても、音信不通になってしまう会社があります。そのような業者に依頼すると、施工後の保証が受けられなくなってしまい、トラブルが発生しても対応してもらえなくなります。営業担当者などからもらった名刺に、会社の電話番号が記載されておらず担当者の携帯番号だけだった場合は注意が必要です。そのような事態を避けるためにも、会社所在地に行って本当に会社があるかを確認するようにしましょう。

特徴⑤非常識な値引きを行う

半額以上の大幅値引きをする会社は、普段適正価格から大きく外れた高値で工事を行っている可能性が高いです。契約内容の交渉をしている時に、大幅な値引きを行った場合などは警戒するようにしましょう。また、モニター価格と言って激安な価格を提示することもありますが、そのようなケースも注意が必要となります。

特徴⑥飛び込みの営業

自宅に営業マンが来る訪問販売が最もトラブルが多く、年々トラブルの件数が増加しています。料金が高く施工の品質が悪く、満足できない可能性が非常に高いので、訪問販売はできるだけ避けるようにしましょう。

大手メーカーと地元業者ならどちらがいいの?

家と筆 外壁塗装の会社を選ぶ際には、有名な大手メーカーに依頼するか、地元の会社に依頼するかどちらにしようか迷ってしまうことがあります。それぞれのメリットとデメリットを知って、自分のニーズに合っている方を選びましょう。

大手メーカーメリット

1、保証がしっかりしている 大手メーカーの場合は保証が充実していることが多いので、施工後に不具合やトラブルが起きた時でもスピーディーで丁寧な対応が期待できます。マイホームは長い間付き合っていく必要がありますので、安心した日々を過ごしたいのであれば、充実した保証の大手メーカーを選ぶとよいでしょう。 2、施工の品質が高い 大手メーカーは施工の実績が豊富ですので、高い技術で施工してもらえる安心感があります。また、大手メーカーは評判が非常に重要ですので、手抜き工事が起きて評判が下がってしまわないように工事の管理が徹底されています。

大手メーカーのデメリット

1、職人が入れ替わる可能性がある 大手メーカーの多くは幾つかの下請け業者と契約をしており、途中で職人が入れ替わる可能性があります。職人によって作業の品質に違いがありますので、一貫して同じ職人に作業をしてもらいたいと考えている方にとってはデメリットに感じるでしょう。 2、中間マージンが発生する 大手に依頼すると、施工にかかる費用の他に下請けメーカーの間を取り持つ中間マージンが発生しますので、料金が高くついてしまいがちです。リーズナブルな価格に抑えたいと考えている方は、中間マージンが発生しない会社を探しましょう。

地元会社のメリット

1、地域に合った塗装ができる 地元に根付いている塗装会社は、その地域の気候や特性を知り尽くしています。海の近くであれば錆に強い塗装を行うなど、その土地に最適な塗装を行ってもらうことができますので、より快適な住環境を作ることができます。 2、中間マージンが発生しない 地元の会社であれば直接依頼して工事を行ってもらうので、中間マージンが発生せずお安い値段で作業を行ってもらうことができます。また、直接やり取りをすることができる為、途中の伝達ミスなどでイメージとのずれが発生するリスクも回避できます。

地元会社のデメリット

1、知り合いの紹介などで断りづらいことがある 地元の会社を見つける時には、近隣の知人から紹介されるというケースが非常に多いです。そのような場合、条件に合わない会社だと断りづらいというデメリットがあります。 2、品質にムラがある 外壁塗装の会社は数多くあり、品質や料金は大きく違います。有名な大手メーカーであれば安定した品質が期待できますが、地元にある会社の場合は実績が乏しく品質が期待できない場合があります。また、料金が相場よりも高いことがありますので、しっかり見積もりをとって他と比較することが大切です。

評判のいい会社を選びたいなら見積もりサイトが一番早い

理由①複数の会社から一括で見積もりが取れる

一括見積サイトを活用することによって、複数の会社から一度に見積もりを取ることができます。外壁塗装会社を一つ一つ訪問して、条件を伝えて見積もりを取ってもらうのは時間と手間がかかりますが、見積もりサイトを使えば手間と時間を節約しながら複数の会社から見積もりを取ることができますので、非常に便利です。忙しくて外壁塗装会社に行くことができない方や、急ぎで外壁塗装会社を探している方などにとっては特に嬉しいサイトです。

理由②口コミサイトを見て評判を確認することができる

一括見積もりサイトの中には、各会社の口コミ情報が掲載されていることが多いです。施工を終えた利用者の生の声をチェックすることで、施工のクオリティや料金やサービスなどの満足度を知ることができます。また、実際に利用してみないと分からないスタッフの対応など、貴重な情報も収集することができますので、非常に参考になります。このような口コミ情報を確認しながら業者を探すようにしましょう。ただし、このような口コミサイトは個人の意見が書き込まれ極端なものも見受けられますので、参考にする意見としない意見をしっかり見分けるリテラシーが必要です。

理由③料金の相場を知ることができる

外壁塗装をはじめて行う場合は料金の相場が分からず、適正な料金よりも著しく高い料金で契約してしまうこともあります。希望する施工の相場を知ることで、適正な価格を把握することができます。一括見積サイトは複数の会社から見積もりを取ることができますので、希望する条件の相場価格を知ることができます。相場を知れば悪徳な会社を見分ける大きな判断材料となりますので、外壁塗装の工事を依頼する際には必ず一括見積サイトで相場をチェックしておくようにしましょう。

理由④審査を行っているところなら安心

一括見積サイトによっては、外壁塗装の会社が登録する際に一定の基準を満たす必要があることが多いです。設立してからどれくらいの年数が経っているのか、口コミによる評判は良いか、一級塗装技能士の資格を有する職人がいるか、施工実績が豊富か、ホームページを持っているかなど、様々な面から審査して、優良と認められた会社だけが登録することができます。このような審査がしっかりしている一括見積サイトであれば悪徳な業者は審査の段階で弾かれており、信頼できる会社のみとなっているので安心して施工を依頼することができます。

理由⑤満足できる業者が見つかる

会社を選ぶ際には、料金や扱っている塗料や実績など、様々な面を多角的に見て満足できる会社を探す必要があります。料金だけでなく、このような様々な面を一つ一つ丁寧に比較することができますので、より満足度の高い会社が見つかる可能性が高いです。料金だけを見るのではなく、総合的に満足できそうな会社を見つけるようにしましょう。

評判のいい会社にお願いして満足いく施工をしよう(まとめ)

作業員 外壁塗装は依頼する会社によって仕上がりが全く違います。外壁塗装は住環境や住宅の見た目を大きく左右しますので、高い品質の施工を行ってくれる会社を見極めるのが非常に大切です。優良な会社や悪徳な会社を見極めるポイントをしっかり頭に入れて選びましょう。確実に優良な会社を見つけたいのであれば、一括見積サイトを利用するのが一番です。料金の相場や口コミ情報など、参考になる情報も収集することができますので、初めて施工を依頼する方は一括見積サイトを利用して優良な会社を見つけるのが無難です。

関連キーワード
業者の選び方の関連記事
  • 雨と家とペンキ用ローラー
    雨漏りが発生する前に、外壁塗装を行なおう!
  • 家とお金と電卓
    東京で外壁塗装をする前に費用設定や地域ならではのお得情報を知ろう!
  • 家とお金、スーツの男性
    外壁塗装を依頼する際は見積りをしっかりと確認しよう!
  • スマホを見ながら話す二人の女性
    悪徳な外壁塗装会社に注意!一括見積サイトで評判をチェック!
  • 業者に代金を支払う
    大阪で外壁塗装を行なう際のポイントと専門業者の選び方
  • 足場を組んだ家
    外壁や屋根に使う注目新素材【ガルバリウム鋼板】とは?
おすすめの記事
瓦屋根の家を塗装する作業員
未分類
    アパートの外壁塗装はいくらかかるのか 外壁塗装は外見を新しくできるだけではなく、アパートの寿命を延ばし、また空室を減らすためにも重要...