家を指差す工事業者の男性

外壁材として選ばれることの多いサイディングボードですが、メンテナンス不要だと勘違いしている方もいるようです。サイディングボードはほかの外壁材と同様にメンテナンスが必要なので、定期的に異常がないか点検してあげるようにしましょう。この記事では、点検時に見るべきポイントとメンテナンス費用の目安についてまとめています。

国内住宅で主流となっている外装材サイディングボードとは?

家と木のイメージ近年、日本の住宅の外壁には外壁材が使用されることが多くなっています。 外壁材には様々なものがありますが、中でも主流となっているのが「サイディングボード」です。矢野経済研究所による2010年の統計では、日本の新築戸建てのうち半数以上の78.5%が、外壁に窯業(ようぎょう)系サイディングボードを使用しているという結果に。 このサイディングボード、過去に「メンテナンスの必要がない」と言われていたことがあったために、メンテナンスをしないまま放置している方もいるそうです。しかし、メンテナンスの必要がないというのは全くの誤解。 今回は、サイディングボードになぜメンテナンスが必要になるのか、どのタイミングでメンテナンスを行えばいいのかということを解説していきたいと思います。 これから外壁工事や戸建ての建築を検討している方も、是非参考にしてくださいね。

サイディングボードの特徴を把握しよう!種類は大きく分けて四つある

サイディングボードには大きく分けて4つの種類があり、それぞれ素材が異なります。まずは種類別にサイディングボードの特長を知っていきましょう。 ・窯業系サイディングボード →サイディングボードの中でも最も選ばれている種類。セメント・繊維質・混和材を材料とし、窯で焼き上げて仕上げます。セメントと繊維質によって強度が高まり、混和材によって軽さが出るので住宅の外壁には最適。また、加工がしやすく様々なデザインがあるというのも窯業系の魅力です。 ・金属系サイディングボード →金属を材料としたサイディングボードで、軽さが一番の特徴。使用されている金属はアルミやスチールが多く、使用している金属によって価格が変わります。また、いくつかの金属を合わせて耐久性を高めているタイプもあるようです。 ・木質系サイディングボード →木で作られたサイディングボードです。自然な風合いで暖かみのある雰囲気を出すことができます。本物の木ですから、時間の経過とともに変化する風合いを楽しむことができるでしょう。使用できる塗料の選択肢が多いのもメリットです。 ・樹脂系サイディングボード →日本ではあまり普及していないのが樹脂系のサイディングボードです。高い強度を誇っているうえに腐食しにくく、燃えにくいので守る力の強い外壁材であると言えます。おもにアメリカやカナダではこちらが主流であり、輸入住宅でよく見かけることができますよ。

窯業系サイディングボードが支持されている理由

このように、素材によって異なるメリットを持つサイディングボード。では、その中でも窯業系が支持されている理由は何なのでしょうか? 理由その1:工期が短期間で済む 窯業系のサイディングボードは施工が簡単。そのため、工期も短く済むのです。悪天候が続くなどしなければ、1~2週間ほどで作業が完了するでしょう。 理由その2:費用を抑えることができる 窯業系サイディングボードに使用されている材料(セメント・繊維質・混和材)は安価です。さらに、施工工程が複雑ではなく短期間で終わるので、比較的費用を抑えられるのです。 理由その3:耐震性・耐火性に優れている 燃えにくく熱を伝えにくい素材のため、耐火性が高いです。また、窯業系の特徴と言えば軽さですが、これは耐震性を高めることに繋がります。外壁に重さがないほど、建物への負担は軽減されるのです。 軽くて丈夫、火災・地震に強くて安く済む。だから窯業系が支持されているんですね。加工がしやすい素材なので、デザインが豊富というのも大きな理由のひとつでしょう。

メンテナンスがいらないというのは誤解!サイディングボードの塗装や修復のタイミング

バツをするスーツの男性では、どのタイミングでメンテナンスを行なっていけばいいのかというと、全部で3回のタイミングがあります。それはサイディングボードが劣化したとき、塗膜が剥がれたとき、コーキングが劣化したときの3回です。一気に全部が劣化するわけではないので、こまめに様子を見てあげることが大切です。メンテナンス時期の目安は以下の通り。 ・サイディングボード →施工から20年以上が経過したら張り替えも視野に入れましょう。 ・塗膜 →施工から5年以上経過したら、塗膜の塗り直しをした方がよいです。 ・コーキング →施工から5年以上経過したら、必要な分部の打替えをします。 少なくとも施工から5年が経過したら、一度外壁全体を点検した方がいいでしょう。早めにメンテナンス時期を迎える塗膜とコーキングに関しては、劣化を放置すると壁の中に水が入り込む原因となるので、よく点検してくださいね。 点検の際には以下のポイントに注意しましょう。 ・手で触ったときに手が白くなる(塗膜) ・ひび割れがある(サイディングボード、コーキング) ・膨れている、もしくは反り返っている部分がある(サイディングボード) ・苔やカビが発生している(サイディングボード) このような症状が出ていたら、要メンテナンスの状態です。早めに対策しましょう。

サイディングボードの再塗装・修復費用はいくら?

お金と家のイメージサイディングボードのメンテナンスは業者に依頼した場合、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。目安を見ていきましょう。 

メンテナンスする場所 工事内容 150平方メートルあたりの 費用目安
サイディングボードの張り替え
元のボードを撤去して張り替え 約180~230万円
元のボードの上から張り替え 約150~200万円
塗膜の塗り直し 塗膜の塗装 約80~150万円
コーキング(シーリング)
元のコーキングを撤去して打ち直し 約15~20万円
元のコーキングの上から新たに打つ 約12~17万円

参照元:http://www.gaiheki--tosou.com/harikae.html サイトタイトル:【サイディングボード外壁】張り替え?上塗り?違いと価格費用|後悔しない、外壁塗装! 上記で提示している費用はあくまでも目安です。塗膜の塗り直しは使用する塗料によって費用が変わりますし、足場を組む必要があれば足場代が追加となります。 より詳細な費用目安を知りたければ、一括見積りサイトなど無料のサービスを利用するのがおすすめ。

サイディングボードの再塗装・修復はタイミングが大事

サイディングボードは大きな劣化を防ぐためにも、適切なタイミングでメンテナンスをしてあげることが大切です。この記事で紹介したメンテナンス時期の目安を参考に、定期的に外壁の点検をするようにしましょう。 正しくメンテナンスをしてあげれば、しっかり長持ちしてくれますよ。

関連キーワード
外装材と塗料の関連記事
  • ペンキローラーで壁を塗る
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • 電卓を持つ女性
    新素材「ガルバリウム鋼板」の価格やメンテナンス費用などについて
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 家を指差す工事業者の男性
    メンテナンスは必要!サイディングボードのことをきちんと知ろう
  • 塗料とハケ
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
おすすめの記事