• 外壁 塗料
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ペンキローラーで壁を塗る
    2017年08月16日 外装材と塗料
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • ペンキ
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    2017年08月15日 外装材と塗料
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 塗料とハケ
    2017年08月15日 外装材と塗料
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
家をメンテナンスするイメージ

夢のマイホーム。建てて終わりではありません。しっかりとメンテナンスをしていますか?ひび割れや塗装剥がれをそのまま放置していると家の寿命をどんどん短くしてしまいます。ここでは、外壁塗装のタイミングや症状、費用や相場などを詳しく紹介していきます。 塗料

マイホームを建ててから10年経過【外壁塗装は必要?】

『マイホームのメンテナンス、しっかりと行なっていますか?』 夢のマイホームを建てても、日々の生活からくる劣化は防ぐ事ができません。 新築の家でも、一定年数が経過すると、定期点検やセールスマンから、外壁や屋根の劣化を指摘されることも、しばしば…… 家の内部の劣化の場合、生活に直接関わることなので、すぐに気がつきリフォームする人が多いのです。しかし、家の外『外壁』は、「生活に支障が出ないから」と後回しになりがち。 本当に、それで大丈夫ですか? 家の外壁は、私達人間に例えると、『皮膚』となる部分。 そのまま放っておくと、様々なトラブルの原因になります。 ここでは、外壁塗装の必要性や相場、タイミングなど初心者にも分かりやすく紹介していきます。 今から、外壁塗装をしようと検討している人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

どうして外壁塗装が必要なの?

塗装 マイホームは、建てたら終わりではありません。 せっかく、夢のマイホームを手に入れても、定期的なメンテナンナスを怠っていると、様々なトラブルを起こしてしまう可能性も…… 大切な家をトラブルから守るには、外壁塗装が必要不可欠なのです。

外壁塗装を行なう様々な目的

外壁塗装の目的1【建物の劣化を防ぐ】

外壁は、雨風はもちろん、紫外線からも私達を守ってくれています。 そのため、一定年数を過ぎると自然に「ひび割れ」や「塗装剥がれ」といった家の劣化が始まってしまうのです。 決まった周期に外壁塗装を行なうことで、建物の劣化を防ぎマイホームを長持ちさせることに繋がります。

外壁塗装の目的2【防水性を保つ】

「ひび割れ」や「塗装剥がれ」をそのまま放置していると、そこから雨水が浸食し、雨漏りの原因に……。 雨漏りが発生してしまうと、建物の劣化速度を急激に早めてしまいます。 また、外壁の種類によっては、湿気や水分に弱いものもあるようです。 そのため、一定周期ごとに行なう、外壁塗装が重要になります。 外壁塗装を行なうと、防水性を保つことができ、結果建物の外壁を守ることに繋がるのです。

外壁塗装の目的3【リフォーム費用を抑える】

日々の生活で、家の中をどんなに綺麗に使っていても、外壁のメンテナンスを怠っていては、建物自体の劣化が加速します。 そうなると、外壁塗装と建物内部のリフォームを同時に行なうことになり、大掛かりな改修工事が必要になり、その分費用もかかってしまいます。 定期的に、外壁塗装を行なうということは、長い目で見ると建物の劣化によるリフォーム費用を抑えることになり、費用削減となるのです。

外壁塗装の目的4【綺麗で明るい外観を保てる】

家を建てて数年が経過すると、雨風や紫外線によって、外壁がくすんできます。 外壁に使われている塗料(塗膜)には寿命があります。 そのため、一定期間が過ぎると、塗料の寿命がきて、どんどん劣化してしまうのです。 外壁にくすみを感じるようになったら、塗料(塗膜)の寿命が迫ってきている証拠です。 外壁塗装を行ない、外壁材が痛まないうちにメンテナンスするようにしましょう。

外壁塗装の目的5【塗装を変えて家をイメージチェンジすることが可能】

一度マイホームを建てると、簡単に建て替えすることができません。 しかし、外壁塗装を行なうことで、新築時の見た目を取り戻すことができ、家の若返りやイメージチェンジに繋がります。 あなたの家は、しっかりと外壁塗装を行なっていますか? 一定の周期で、きちんと外壁塗装を行なっていると、建物は約3倍長持ちすると言われています。 マイホームの若返りを図り、大切な家を劣化から守る為にも『外壁塗装』は必要不可欠です。

外壁塗装【塗り替え】の時期はいつ頃?

上記でも少し触れましたが、外壁に使われる塗料(塗膜)には寿命があります。

外壁塗装に使用される塗料の寿命:約10年前後

塗料の寿命を見て分かるように、一般的な塗り替え時期は【10年】 マイホームを建てても、10年に一度は外壁塗装を行なうのが理想です。 しかし、家の状態によっては、もっと早い周期で外壁塗装が必要になることも……。 例えば、家を建てた際の塗装や建築業者の腕、作り方で外壁にヒビが入ることや、塗装が剥がれることもあるのです。

外壁塗装を行なう目安の症状を見落とさない!

外壁塗装を行なう目安の症状1【外壁にツヤが無く・くすんで見える】

新築時は、塗装がしっかりと塗られているので、外壁はピカピカ。 ツヤがあり、光沢がかかったように見えます。 しかし、一定期間が過ぎるとツヤがなくなり、外壁の色も鮮やかさを失いくすんで見えるように……。

外壁塗装を行なう目安の症状2【コケやカビが発生している】

塗料(塗膜)の寿命が近づくと、防水性が薄れ外壁は湿気や水分を含みやすくなります。 そのため、外壁にコケが発生。コケを放置しておくと、それがそのままカビへと変化します。 コケやカビは一度発生すると、あっという間に広がるため、外観を損なう恐れが……。 家の外壁を、どんより曇らせてしまいます。

外壁塗装を行なう目安の症状3【チョーキング現象】

家の外壁に使用されている塗料(塗膜)の劣化が進み、防水性が切れてしまうと、チョーキング現象が起きます。

チョーキング現象とは?

手で外壁の表面に触ると白い粉が付着すること。 手だけでなく、外壁にもたれかかった場合、髪や衣服にも白い粉が付着することもあります。 これは、塗料(塗膜)の劣化が進み、防水性が無くなってしまったサインです。 チョーキング現象が現れたら、早めに外壁塗装をするようにしましょう。

外壁塗装を行なう目安の症状4【外壁にひび割れ・破損が見られる】

特に、注意して欲しいのは、窓の四隅や外壁の角といった場所です。 ひび割れや破損が発生してしまうと、そこから雨水が侵入し、外壁から内部へと浸食されていきます。 それが、段々と大きくなり、雨漏りへと繋がるのです。 上記の症状がみられる場合、10年未満でも塗り替えが必要になることがあります。 また、上記の症状が発生していないから安心、という訳でもありません。 マイホームを建ててから10年以上経過しているのであれば、症状が目に見えなくても、見えないところで塗料(塗膜)の劣化が進んでいます。 なので、外壁塗装を検討し、メンテナンスを行なうようにして下さい。

外壁塗装に適した季節・時期はいつ?

「外壁塗装は、どの季節に行なっても同じ」 そういう風に思っていませんか? 外壁塗装は、冬に積雪する地域を除けば、一年中いつでも施工することが可能です。 しかし、外壁塗装で使用する塗料をしっかりと定着させるには、きちんと乾燥させることが必要。 そのため、外壁塗装ができない気候条件というものがあります。

外壁塗装が出来ない気候条件

・条件1【気温が5度以下】 ・条件2【湿度が85%以上】 ・条件3【雨の日】 どれも、塗料の乾燥に関わる気候です。 『梅雨時期』は、雨の日が続く確率が高くなります。 また、湿度が高くジメジメしていると、外壁塗装の期間を確実に伸ばしてしまいます。 『夏』にも、塗装は可能です。また、気候的には、塗装に適した季節と言えます。しかし、塗装作業中に窓を開けると塗料のニオイが室内に充満するため、外壁塗装の期間中エアコンを付けなくてはいけなくなります。また、エアコンが使えない作業工程もあるので、それはそれで大変です。 「ニオイは気にならないから、窓を開けても平気」と考える人もいますが、窓を開けないように推奨している業者もあるので、事前に窓を開けても良いか確認することが重要になります。 『冬』には、気温が5度以下になる日が多くあります。また、太陽が出ている時間が短くなるため、それに伴い、1日にできる作業時間・工程に限界が……そのため、作業する日数が長くなって費用がかかってしまう傾向にあります。

外壁塗装に適している季節・時期は……

【春:4月~5月】 【秋:9月~10月】 つまり、気候条件を考えると、『春』と『秋』この季節が、外壁塗装に適しているという訳です。 春や秋は、過ごしやすい天気が続き、外壁塗装にピッタリの季節。 そのため、外壁塗装は春・秋に依頼が多くあるようです。 春・秋に外壁塗装を行ないたいと考えているなら、早めの予約をすることをおすすめします。

外壁塗装の予算が知りたい!【費用はスバリいくら位?】

マイホームの外壁塗装を検討した場合、一番気になるのは費用だと思います。 また、外壁塗装の相場が分からず困ってしまうことも多いようです。 「同じ大きさの家を塗装するのに、なんで費用がバラバラなの?」 と言うような声も聞きますよね? ここでは、外壁塗装の費用や相場の調べ方について紹介していきます。 費用のことは、直接業者に聞きづらいという人も多いようですが、大切なことなので、しっかりと把握することが大切ですよ。

外壁塗装の値段に関わる大きな要素は主に2つ

【人件費】と【塗料費】です。 では、【人件費】と【塗料費】について詳しくみていきましょう。

【人件費】について

費用の中でも、特に割合が大きいと言われているのが、【人件費】 外壁塗装の費用を削るとしたら、【人件費】を削っていることが多いと言われています。 しかし、大幅な値引きをしている業者には注意が必要です。 他の業者に比べ、あまりに格安な業者の場合、【人件費】を大きく削っている可能性があります。 つまり、まだ技術的に未熟な作業者が、外壁塗装を行なっているケースもあると言うことです。 塗装は、施工を行なう作業者の腕に左右されることもあるので、『費用が格安だから』という理由で業者を選ぶのは避けましょう。

【塗料費】について

【塗料費】は全体の2割~3割程度となっているのが一般的です。 しかし、【塗料費】は家の大きさや選ぶ塗料によって値段が大きく異なるため、一概に相場を出すことは難しいとされています。 また、【塗料費】は外壁塗装のいわば、材料費。 材料の仕入れ値は、変動することが少なく、値引きを行なうにも限界があります。 では、外壁塗装の相場を確認する方法は無いのでしょうか? 「いいえ、あります!」 ある程度の相場を確認するのに便利なのが、一括見積りサイトです。

外壁塗装するなら一括見積サイトで相場を確認

一括見積りサイトでは、【延床面積】や【行ないたい施工内容】を入力するだけで、複数の外壁塗装業者からの見積りを確認することができます。

塗料選びも大切!

また、マイホームに適した塗料を選ぶということも忘れてはいけません。 外壁塗装は、平均して10年に1度行ないます。 費用の事をきにするあまり、安いと言うだけで塗料を選んでしまうと危険です。 塗料は、環境やマイホームに適した塗料を選ばないと、早く塗り替え時期がきてしまい、結果外壁塗装の回数が増え、その分費用も多くなってしいます。 一括見積サイトでは、塗料の種類を分かりやすく紹介しているものもあります。 また、個人で複数の業者から見積りを取るのは、一苦労。 業者によって、扱っている塗料の種類や、得意な施工もあり、進めてくる塗料の種類も変わります。 なので、一括見積サイトの利用がおすすめ。 複数の業者からの見積りをとることで、マイホームの外壁塗装に必要な大体の目安を知ることができるので、ぜひ活用してみて下さい。

外壁塗装をして『いつまでも綺麗で明るい我が家』にしよう!

女性 マイホームは、建てておしまいという訳ではありません。 建物は、一定期間が経過すると、外部からの影響を受け、どうしても劣化が始まってしまいます。 【外壁塗料の寿命は約10年】 それを目安に、しっかりとマイホームをメンテナンスすることが大切。 また、10年経過していなくても、上記で紹介した外壁塗装の目安となる症状を見落とさないようにしましょう。 ここでもう一度、目安となる症状のおさらいです。 ・外壁にツヤがなく、くすんで見える ・コケやカビが発生している ・チョーキング現象 ・外壁にひび割れ・破損が見られる これらの症状があるなら、10年経過していなくても外壁塗装の必要があります! 外壁塗装は、マイホームにとって大切なメンテナンスです。 家の寿命を伸ばし、その資産価値を保つためにも【10年】という周期を守り、ケアするようにしましょう。 また、一括見積りサイトを上手に利用して、相場を割り出すことも忘れてはいけません。 外壁塗装は、安ければ良いというものではありません。 相場を割り出し、長い目でみてどう費用を抑えるかを重視して業者を選ぶようにすることです。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
外壁塗装の基礎知識】の関連記事
  • ネットをみる夫婦
    外壁塗装のちょっとした相談、どこにするのが最適か
  • ペンキを塗る男性
    外壁塗装の種類を知り住宅メンテナンスに活かそう
  • 一軒家の玄関
    外壁塗装を検討しているならサイディングは押さえておこう!
  • ペンキ
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 外壁 塗料
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ソファで悩む男性
    外壁塗装で後悔しないために気を付けたいこと
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。