足場を組んだ家

外壁塗装を検討しているなら、ガルバリウム外壁がおすすめ。軽くて丈夫、サビに強いなどのメリットがあるので外壁や屋根に使われる注目の素材です。ここでは、ガルバリウム鋼板のメリットやデメリット、業者の選び方まで外壁塗装について詳しく紹介していきます。

最近注目されている外壁素材【ガルバリウム鋼板ってどんなもの?】

ここ数年で、外壁塗装や屋根材として主流になっている素材があるのを知っていますか? それは、【ガルバリウム鋼板】という素材です。 この、【ガルバリウム鋼板】は、 ・アルミ55% ・亜鉛43.4% ・シリコン1.6% で、できている、『アルミ亜鉛合金メッキ鋼板』と呼ばれる種類です。 近年作られている新築の屋根や外壁には、ほとんど【ガルバリウム鋼板】が使用されています。 ここでは、【ガルバリウム鋼板】について詳しく紹介していきます。 ぜひ、参考にしてみて下さい。

【ガルバリウム鋼板】を使用するメリットとは?

業者が作業しているイメージ外壁や屋根材として人気のある【ガルバリウム鋼板】。 【ガルバリウム鋼板】を使用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか? ここでは、【ガルバリウム鋼板】を使用するメリットを紹介していきます。

【ガルバリウム鋼板】を使用するメリット

メリット1【サビに強い】

従来の、金属系の外壁材は、トタンなどを見ても分かるように、サビに弱いというデメリットがありました。 しかし、【ガルバリウム鋼板】は、金属なのにサビに強いとされています。 トタンと比較した場合、そのサビにくさは数倍以上! 金属系の外壁がサビついてしまうと、ひび割れや剥がれなどと同様、建物の外見を大きく損ねてしまうことに繋がります。 【ガルバリウム鋼板】は、サビに強いので外壁材に向いているのです。

メリット2【寿命が長い】

今までの金属系の外壁、屋根材と言えば、トタンでした。 トタンは、約10年~20年経つと劣化が進み、ボロボロに…… 定期的に交換をしないと建物を守る事ができません。 しかし、【ガルバリウム鋼板】は、他の金属製の外壁材とは異なり、寿命が長いというメリットが! その寿命は、20年~30年以上保つと言われていて、メンテナンスを行えば、より長く使用できる外壁材として人気があります。

メリット3【軽い素材なので耐震性がある】

金属とは、本来とても重いものです。 それを外壁や屋根材に使用すれば、重い為家に負担をかけることに…… しかし、【ガルバリウム鋼板】は、軽量。 そのため、家にかかる負担を軽減してくれます。 また、丈夫な素材なので、地震にも強いという、嬉しいメリットが! 【ガルバリウム鋼板】は、建物の外壁や屋根の素材として、とても適しているのです。

メリット4【低価格素材】

【ガルバリウム鋼板】は、サビにくい金属系の外壁素材の中では、割りかし低価格な素材と言われています。 しかし、低価格と言うのは、素材のみの話。 施工にかかる費用は比較的高めに設定されているので、しっかりと確認が必要ですよ。

メリット5【防水性がある】

外壁や屋根材に使用する素材には、防水性が必要不可欠。 もちろん、【ガルバリウム鋼板】にも防水性があります。 近年、外壁や屋根材として、使用されている機会の多い【ガルバリウム鋼板】は、素材としての防水性が高いということが言えます。

メリット6【モダンな建物の外壁にマッチしている】

先程から、比較対象として出されているトタン。 トタンを外壁や屋根材として使用した場合、安っぽく見えたり、家と言うより小屋に見えると言った意見を耳にします。 しかし、【ガルバリウム鋼板】はモダンでスタイリッシュな雰囲気にピッタリ! また、デザイン性に優れているため、シンプルで近代的な外観を演出してくれます。 都会的な家を望むのであれば、【ガルバリウム鋼板】は適した素材と言えるでしょう。 このように、【ガルバリウム鋼板】は、外壁材、屋根材として、たくさんのメリットがあります。 では、逆にデメリットは無いのでしょうか? メリットを把握したところで、デメリットについても、きちんと説明しようと思います。

【ガルバリウム鋼板】のデメリットってどんなもの?

たくさんのメリットがある【ガルバリウム鋼板】 では、デメリットとして、どのような事が挙げられるのでしょうか? ここでは、【ガルバリウム鋼板】のデメリットについて紹介していきます。

【ガルバニウム鋼板】を使用する際のデメリット

デメリット1【へこみやすく傷がつきやすい】

商品の規格にもよりますが、【ガルバリウム鋼板】の厚さは、約0.4mm程度となっています。 ですから、へこみやすい・傷がつきやすいといったデメリットが挙げられます。 家の外壁に隣接して、自転車置き場などを作ってしまった場合、自転車を出し入れする際に外壁にぶつけ、へこんでしまったり、傷をつけてしまったりする可能性があるので、注意が必要と言えるでしょう。

デメリット2【屋根などに使用する場合は、断熱材などを使用する必要がある】

【ガルバリウム鋼板】自体には、断熱効果があるとされています。 しかし、上記でも説明したように、【ガルバリウム鋼板】の厚さが数mmと薄い場合、その効果はあまり期待できない可能性があります。 なので、屋根材として使用する時には、断熱材を使用するのが、一般的です。 外壁に関しては、断熱機能を持っていない素材が多くあり、元々断熱材などは、内部の構造でカバーするようになっています。

デメリット3【雨音がうるさい】

【ガルバリウム鋼板】は、金属製の素材のため、トタンなどと同様に、雨が降ると雨音がなり、うるさいようです。 しかし、これは特殊塗料を使用したり、施工方法を工夫したりすることで、音を軽減することができます。 ですから、雨音に関しては【ガルバリウム鋼板】を専門的に扱っている業者に相談すると良いですよ。

デメリット4【素地で仕上げた場合『黒点が発生する』可能性がある】

【ガルバリウム鋼板】の素材感を出すために、素地で仕上げた場合、黒点が発生する可能性があります。

黒点って何?

黒点現象とも呼ばれるもので、いわゆる化学反応の一つです。 【ガルバリウム鋼板】を外壁や屋根材に使う際、外構工事などで使用するセメントが、【ガルバリウム鋼板】に付着してしまうことがあります。 この付着したセメントのアルカリ成分が雨に濡れ、【ガルバリウム鋼板】に使われているアルミ成分と反応を起こし、その箇所だけが黒くなってしまうのです。 これが、黒点現象。黒点が発生する原因。 直結してサビになるという訳ではありませんが、黒点が発生すると、そこの部分から光沢がなくなり、シミのようになってしまうようです。 これは、素地の場合限定。塗装されている【ガルバリウム鋼板】の場合は、問題ありません。

デメリット5【他の金属に触れると電食を起こす】

金属の場合、サビがついている他の金属と接触させていると、サビが移ってしまう『もらいサビ』という現象があります。 その、『もらいサビ』とは異なり、【ガルバリウム鋼板】は、サビついていない他の金属との接触でもサビが発生し、劣化してしまう(電食する)というデメリットがあります。 そのため、【ガルバリウム鋼板】に関する正しい知識が無い業者に施工を依頼した場合、電食させてしまうことがあるようです。 これは、全国的に多く発生していて、地域によっては自治体などが注意喚起を行っている場合も…… 電食を回避するには、信頼できる業者、【ガルバリウム鋼板】についての正しい知識を持った業者を選ぶ事が大切です。 また、【ガルバリウム鋼板】は、金属以外でも接触腐食を起こしてしまいます。 それは、木材。 木材に含まれる『木酢液(酢酸の種類の1つ)』が【ガルバリウム鋼板】に触れることで、腐食するので、注意して下さい。 【ガルバリウム鋼板】は、デメリットもありますが、日々の生活に注意したり、施工時に工夫したりすることでカバーすることができます。 他の外壁材や屋根材にも、メリット・デメリットがあるのと同様。 完璧な素材はありません。 【ガルバリウム鋼板】を使用するなら、デメリットを理解しカバーするということを覚えておきましょう。

メンテナンスが不要って本当?【ガルバリウム外壁編】

工具のイラスト【ガルバリウム鋼板】を使用した外壁のことを、【ガルバリウム外壁】と言います。 この、【ガルバリウム外壁】は、 ・メンテナンスフリー ・メンテナンス不要 という謳い文句で紹介されることが多いです。 しかし、『日々の生活からくる劣化に100%対応できる外壁材は存在しません。』 上記で言っている、メンテナンスフリー・メンテナンス不要というのは、 「他の素材に比べると、メンテナンスがとても簡単で、少ない頻度で済む」 ということです。 ここでは、【ガルバリウム外壁】のメンテナンス方法やメンテナンス時の注意などを紹介していきます。

【ガルバリウム外壁】のメンテナンス方法

先程紹介したように、【ガルバリウム外壁】のメンテナンス方法は、とても簡単です。 その方法は、「水で洗い流す」 その頻度は、地域性によって異なります。 海の近くや酸性雨が多く降る地域の場合:1ヶ月~3ヶ月に1回 その他の地域の場合:1年に1回 また、雨が降った後には汚れが付着することもあるので、水をかけ洗い流すようにすることをおすすめします。

メンテナンスを行う際の注意

【ガルバリウム外壁】を水で洗い流す際、気をつけて欲しいことがあります。 それは、『高圧洗浄機を使用しない』ということです。 デメリットでも説明したように、【ガルバリウム外壁】は、へこみやすい・傷つきやすいため、汚れを洗い流す際、水圧が高いとへこんでしまう可能性があります。 家庭用の高圧洗浄機も使用しないようにして下さい。 汚れを洗い流す際の目安として、水をサーっとかけられる程度の水圧・水の量。 自宅で洗車する際に使用する程度の水圧・水の量と覚えておきましょう。 【ガルバリウム外壁】は、メンテナンスが簡単で、その頻度も少ないため、「メンテナンスフリー・メンテナンス不要」と、紹介されがちです。 しかし、実際はメンテナンスが必要。 【ガルバリウム外壁】を使用して家を建てたり、外壁塗装を行ったりする場合は、そのポイントを覚えておきましょう。

【ガルバリウム鋼板】の塗装は専門業者に依頼するのが鉄則!

業者の男性3人【ガルバリウム鋼板】は、近年から人気になった比較的新しい金属です。 一番のメリットは、「サビや汚れが付着しにくいという特徴。」 しかし、そのメリットが塗装の時には、塗料が定着しづらいというデメリットになってしまいます。

【塗料が定着しづらい=塗装ができない】ではありません

専門的な知識を持っていないと、塗装しても数年で剥がれてしまうことが多いということです。 もちろん、「DIYが好き・得意」と思っている人も、【ガルバリウム鋼板】の塗装に関しては素人。 リスクの方が格段に高いので、知識と経験のある専門業者に依頼することが大切ですよ。 でも、【ガルバリウム鋼板】の塗装に精通した業者の調べ方が分からない…… そんな人は、外壁塗装の見積りサイトがおすすめです。 外壁塗装の見積りサイトなどでは、【ガルバリウム鋼板】の塗装に精通した優れた業者などを、簡単に調べ知ることができます。 また、実際に【ガルバリウム鋼板】の塗装を行った方の口コミも多く掲載されており、過去に施工歴のある業者の施工内容や仕上がりを確認、比較することもできるため、業者を選ぶ際の参考になりますよ。 さらに、見積りサイトでは、無料診断が可能。 【ガルバリウム鋼板】の塗装を検討しているなら、まずは見積りサイトで見積りを出してみましょう。

関連キーワード
業者の選び方の関連記事
  • 雨と家とペンキ用ローラー
    雨漏りが発生する前に、外壁塗装を行なおう!
  • 業者に代金を支払う
    大阪で外壁塗装を行なう際のポイントと専門業者の選び方
  • スマホを見ながら話す二人の女性
    悪徳な外壁塗装会社に注意!一括見積サイトで評判をチェック!
  • 家とお金、スーツの男性
    外壁塗装を依頼する際は見積りをしっかりと確認しよう!
  • 足場を組んだ家
    外壁や屋根に使う注目新素材【ガルバリウム鋼板】とは?
  • 家とお金と電卓
    東京で外壁塗装をする前に費用設定や地域ならではのお得情報を知ろう!
おすすめの記事
家が外壁塗装をするイラスト
未分類
安い、上手い、そして早い。そんな外壁塗装業者を見つけるには 外壁塗装の相場は30坪の家の場合、およそ70~80万円が相場とされています。 も...
塗装作業をしている業者
未分類
屋上の防水工事は定期的に必要なもの? 屋上の防水工事は定期的に必要なもの 屋上は雨漏りがしやすい場所の一つとしてよく挙げられますが、同時にメ...