• 外壁 塗料
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ペンキローラーで壁を塗る
    2017年08月16日 外装材と塗料
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • ペンキ
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    2017年08月15日 外装材と塗料
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 塗料とハケ
    2017年08月15日 外装材と塗料
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】

 

外壁塗装の必要性とリフォームのタイミング・時期

 

外壁塗装って本当に必要?

外壁塗装って本当に必要?

「そろそろ外壁塗装が必要だって聞いたけど、本当?」

「見た目が悪くなっても、住めるから問題ないのでは?」

 

などなど、外壁塗装に疑問をお持ちの方も多いことでしょう。このページでは、外壁塗装の必要性や、その時期について詳しく解説していきます。また、外壁リフォームを行うタイミングについても解説します。

 

 

外壁塗装の必要性

結論から言えば、建物には定期的な塗装が絶対に必要です。外壁塗装は見た目だけの問題ではなく「建物を保護」するために必要なのです。具体的には、以下のような効果があります。

 

  1. 防水性を高めて、雨漏りや湿気の侵入を防ぐ
  2. 断熱性を高めて、暑さや寒さを防ぐ
  3. 外壁を清潔に保ち、衛生環境を整える

 

これらが外壁塗装に求められる主な効果です。このなかでも、もっとも重要なのが「防水性」です。浸透した湿気は、ただ室内を湿らせるだけではありません。

木材や鉄材といった家屋の内部を腐食させ、家屋に重大なダメージを与えてしまうのです。さらには、シロアリなどの害虫も侵入しやすくなってしまいます。

 

こうなってしまえば、数百万円単位の費用をかけて家屋全体を修理したり、最悪の場合は立て直したりしなければなりません。それを防ぐためにも、定期的な外壁塗装が必要なのです。

 

 

外壁リフォームをするタイミングは?

それでは外壁塗装や外壁リフォームは、どのタイミングで行うのが良いのでしょうか?それは主に以下の3つのタイミングです。

 

  1. 建築から10年ほど経過している時
    使用する塗料や周辺の気候条件などにも左右されますが、日本の家屋の場合は築10年が外壁塗装の目安とされています。特に日当たりの強い箇所は劣化も早いため、特に気をつけておく必要があります。
  2.  

  3. ひび割れや、カビが生えるなどの症状がある時
    劣化した外壁は、だんだんとツヤがなくなり、次第に変色します。そしていずれはひび割れやカビの繁殖が発生します。こうなると防水性がなくなり、内部にも湿気が侵入するので、早めの塗装が必要です。
  4.  

  5. 気温や電気代が気になる時
    外壁塗装には断熱性や遮熱性を高めて、快適な室温を保つ効果があります。特に高品質な塗料では、過ごしやすくなるだけでなく、エアコンなど家電の使用を控えることにもつながるので、結果として省エネにもつながります。
  6.  

  7. 他の個所のリフォームも考えている時
    屋根塗装など他のリフォームを考えている時は、外壁の見積もりも同時に取りましょう。塗装には足場の仮設が必要になるため、一度に行えばその分安く済みます。また一度に依頼すれば、値引き交渉もしやすくなります。

以上が主な外壁塗装・リフォームのタイミングです。これらのタイミングを見逃さなければ、家屋の寿命をさらに伸ばし、さらに快適な生活を送ることができます。それでは次は、どの時期に業者へ依頼するのが良いかを見ていきましょう。

 

外壁塗装に最適な時期は?

外壁塗装は基本的には一年中いつでも可能です。しかし、場合によっては避けておいた方がよい時期もあります。

 

  1. 雨がふっている最中は作業が行えず乾燥にも時間がかかり工期が遅れるので、梅雨時は避けた方が良いでしょう。
  2. 塗料の乾燥には気温5度以上、湿度85%以下であることが必要なので、寒く雪も降りやすい寒冷地では、冬は避けた方が良いです。
  3. 湿度が高くなりやすく雨が降りやすい地域では、夏場よりも他の季節を選んだ方が良いでしょう。
  4. 8月ごろや年末は、長期休暇があることや公共工事などが重なるため、塗装業者も忙しくなりがちです。

 

以上の条件を踏まえてみると、外壁塗装には「春か秋」を選ぶことが無難です。また外壁塗装などの工事は一つの業者だけではなく、いくつかの業者に見積もりを出してもらってから決めることが一般的です。そのため、施工をしてもらいたい時期の1ヵ月から2か月前には、業者探しを始めると良いでしょう。

 

 

外壁塗装は家を保つために必要なもの(まとめ)

外壁塗装の重要性、ご理解頂けたでしょうか。外壁塗装は大切な家を保つためには、欠かすことのできないものです。

 

手遅れになってしまってから、業者を探して呼ぶというやり方はやめておきましょう。事前に安心できる業者を調べておいて、慌てることなくメンテナンスをしてもらうことができます。また外壁診断は無料で行ってくれる業者も多いので、探してみるとよいでしょう。

 

ヌリカエ(https://www.nuri-kae.jp/)などの一括見積サイトを使えば、サイトに審査されたきちんとした業者を一度に探すことができます。あなたのお住まいの地域にある信頼できる業者を探して、外壁の状態について相談してみましょう!

 

 

 

 

 

外壁塗装業者5

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • 外観を塗装する作業員
    愛知_外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 外壁にひび割れ発見!原因と補修法は?
  • ヘルメットを持つ男性作業員
    秋田の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 赤と青と緑の3つのハケ
    意外と知らないセラミック塗料の本当のところ
  • ヘルメットを持つ作業員
    青森の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
  • 壁を塗装する人物
    石川の外壁塗装業者の見積・相場・評判を比較して業者を選ぼう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。