白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー

こちらでは水性塗料と油性塗料の特徴について説明しています。塗料には様々な種類があり配合されている成分、メリットやデメリット、値段などが変わってきます。その中から適切な塗料を選ぶためには、基本として双方の違いを理解しておかなければなりません。

水性塗料と油性塗料、どっちがいい?

水性か油性か悩む女性外壁塗装の塗料には本当に多様な種類があるため、どう選べば良いか分からなくなってしまうでしょう。そこでまずは、「水性塗料」と「油性塗料」の2種類あるということだけでも押さえておくと良いです。ちなみに油性塗料には溶剤塗料という名称もあります。 では、さらに詳しく水性塗料と油性塗料の違いを見ていきましょう。

水性塗料と油性塗料を分ける大きな違い

塗料の基本材料

塗料は「顔料」「合成樹脂」「添加物」からできています。合成樹脂はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素等のことを指し、ここから水性塗料と油性塗料などへ派生していきます。

塗料

引用元:水性塗料と油性塗料の違い | 外壁塗装の救急隊 画像を見ると分かりやすいです。水性塗料や油性塗料のあとは、1液や2液、主剤や硬化剤とさらに細分化されていきます。それ故に水性塗料と油性塗料の基本を押さえておかなければ、どんどん混乱してしまうのです。

水性塗料と油性塗料の違い

塗料は性質上、液体で薄めて外壁に塗り、乾かしたあとに蒸発させなければ密着しません。水で薄める液体を水性塗料、シンナーで薄める液体を油性塗料と分けることができます。 また、油性塗料に含まれているシンナーには「塗料用シンナー」と「ラッカーシンナー」があり、塗料用シンナーで薄めるタイプを「弱溶剤塗料」、ラッカーシンナーで薄めるタイプを「強溶剤塗料」と分けます。

水性塗料と油性塗料のメリット・デメリット

メリット&デメリットの把握

水性塗料と油性塗料のメリットやデメリットについて知りましょう。どちらの塗料にしようか迷っている場合はとくに双方の利点と欠点を把握しておく必要があるでしょう。

水性塗料のメリット

・リーズナブルな値段 ・油性塗料よりか臭いが気にならない ・環境に優しく近所迷惑にもならない

水性塗料のデメリット

・油性塗料よりか寿命が短い ・下地によって塗装できない ・気温が低いと塗装できない 値段が安価で環境にも優しいというのが、水性塗料の最大の魅力です。塗装は安価とはいえない値段ですから、少しでもリーズナブルに抑えたいでしょう。ただ、寿命が短いため、塗替え頻度は油性塗料より増えることが考えられます。また、対応していない下地も多いためもしかすると、塗替え希望をしている建物に使用できない可能性もあります。とはいえ自己判断せず、塗装を専門とする業者に一度建物の状態を見てもらった上で決めましょう。

油性塗料のメリット

・寿命が長い ・艶を維持できる ・外壁に密着しやすい

油性塗料のデメリット

・値段が高め ・臭いが気になる ・保管が難しい 油性塗料は寿命が長く、艶を維持できるという点が一番の特長です。何度も塗替えをする必要がなく、長い間建物の美観性を維持できます。しかし、値段が高めなので希望予算を超えてしまう可能性があります。その辺りは業者と交渉してみると良いかもしれません。また、臭いがするため塗装前は近隣住民の自宅へ伺い、挨拶をするなどの配慮も必要となってくるでしょう。

現在の外壁塗装では水性塗料と油性塗料、どちらが多く使われている?

黄色、赤、青のペンキをハケで塗る水性塗料が主流になりつつある

油性塗料の方が優れていると考えている方もいますが、実は最近の水性塗料は品質向上され、油性塗料に劣らないグレードになってきています。それに加え価格が安価ですし、現場での保管が楽なことから水性塗料を選ぶ人達が多くなってきました。これまでは油性塗料がメジャーでしたが、これからは水性塗料も油性塗料に引けを取らないくらい使用されるようになるでしょう。

熟練の業者に依頼

知識のない素人は熟練の業者に相談して、建物に適応した塗料を選んでもらいましょう。自分好みで選ぶという方法もありますが、失敗しないためにはやはり経験を積んだ業者に依頼するのが賢明です。しかし、業者といっても数多くありますから、どこにしようかと混乱してしまうこともあります。その時に便利なのが見積もりサイトです。数多くの業者の中から自身にぴったりの業者をピックアップでき、良心的な価格を提示してもらえるという点が人気です。見積もりサイトには悪徳業者による被害を未然に防げるというメリットもあります。

まずは業者に相談してみよう

水性塗料と油性塗料では特徴が大きく異なります。だからこそ双方の違いを明確にし、適切な方を選べるようにしなければなりません。初めてと塗装をする場合は色々と迷ってしまうため、業者に任せるという手段もあります。その際は見積もりサイトを賢く利用しましょう。熟練の業者に頼ることで理想の塗装ができるはずです。

関連キーワード
外装材と塗料の関連記事
  • 家を指差す工事業者の男性
    メンテナンスは必要!サイディングボードのことをきちんと知ろう
  • 電卓を持つ女性
    新素材「ガルバリウム鋼板」の価格やメンテナンス費用などについて
  • 塗料とハケ
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
  • ペンキローラーで壁を塗る
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
おすすめの記事
塗装作業中の模型と水色のローラー
未分類
  外壁材を選ぶにあたって大切なこと 外壁材は住宅の壁に使われる素材のことで、さまざまな種類のものが存在しています。 よく使用されているのは...