• 外壁 塗料
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • ペンキローラーで壁を塗る
    2017年08月16日 外装材と塗料
    光触媒塗料と光触媒コーティングの驚くべき効果
  • ペンキ
    2017年08月15日 外壁塗装の基礎知識
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 白、グリーン、茶のペンキとハケ&ローラー
    2017年08月15日 外装材と塗料
    水性塗料と油性塗料の相違点を明確にしよう!
  • 塗料とハケ
    2017年08月15日 外装材と塗料
    安くて扱いやすいウレタン塗料【特徴を徹底解説!】
ペンキを塗る男性

外壁の劣化が気になっていませんか?外壁の劣化は雨漏りや壁のひび割れなどに繋がるため、早めのメンテナンスを検討しましょう。方法としては外壁塗装がおすすめです。外壁塗装に使う塗料の種類、選び方などを知った上で塗料選びを行なってください。こちらでは塗料の基礎知識を説明していきます。

豊富な種類から最適な塗料を選ぶ方法~外壁塗装の基礎知識~

家の模型とペンキローラーを持った男性外壁塗装に使用される塗料は各メーカーから販売されており、どれも類似しているためどのメーカーの塗料を選べば良いのか迷ってしまうでしょう。また、塗料は全て機能性が完璧という訳ではないため、妥協することも必要になってきます。だからといって簡単に選んでしまっては、せっかくの外壁塗装が失敗する原因となってしまいます。そこで大切なのが「住宅の状況に応じた種類を選択する」ということです。 基本的に塗料の種類は業者が現場を見て行なってくれますが、自分自身も塗料の基礎知識を身につけておきましょう。その上で業者と相談し合えば最適な塗料を選択できるはずです。

外壁塗装を行なう前の注意点|塗料にはカテゴリーがある!

塗料の種類を選ぶときにいきなり樹脂の種類(水性塗料/油性塗料)を分類する方がいますが、それだけでは耐候年数の目安になりません。まずは塗料のカテゴリーから選びましょう。簡単にカテゴリーの紹介をします。

4つのカテゴリー

ウレタン塗料 シリコン塗料 フッ素塗料 アクリル塗料

ウレタン・シリコン・フッ素・アクリルといった塗料が、現在一戸建てで主流となっています。それぞれ特徴や耐候年数、費用などが異なってくるため、慎重に選びましょう。

外壁塗装の決め手になる艶有り塗料と艶消し塗料の違いは?

艶有りと艶消しでは仕上がりが全然違いますから、どちらを選ぶのかも重要なポイントとなってくるでしょう。そこで、2種類の特徴を紹介します。

艶有り・艶消しの特徴

艶有りの特徴 艶消しの特徴
・見た目に艶が出て新築のように仕上がりになる ・外壁塗装をしたことがすぐ分かる ・艶が強いと上品さが損なわれる ・3分艶・5分艶は控えめで高級に仕上がる ・防水性が高いかつ汚れに強い ・耐久性が抜群 ・落ち着きのある雰囲気に仕上がる ・ナチュラルな仕上がりで主張しすぎない ・控えめな仕上がりで日本の建物に向いている ・艶有りよりは耐久性が劣る

引用元:外壁塗装の塗料の種類はどう選ぶ?塗装のプロが徹底解説

 

双方にはこのような違いがあります。見本を見たり、触れたりして違いを直に比較してみましょう。そして、自身が1番なにを重視したいのか、建物の状況にはどれが合っているのかを明確にしましょう。それによって一番適している方を選べるはずです。

外壁塗装の塗料でよく見る【1液型塗料】【2液型塗料】の違いは?

紫と黄緑のペンキ1液型塗料と2液型塗料の違いをこちらでは説明していきます。

双方の違い

塗料の種類を選ぶときによく「1液型塗料」と「2液型塗料」を見るかと思います。簡単に2つの違いを説明すると、1液型塗料は1種類だけで外壁塗装ができ、2液型塗料は主剤と硬化剤の2種類を混合して塗装するタイプです。

1液型塗料

他の材料と混ぜる手間がないため、時間を取られず取り扱いも楽です。料金は塗料によりますが、比較的リーズナブルな方です。

2液型塗料

2液型塗料は混合するという手間がありますが、あらゆる用途に使用できるため使い勝手が良いです。耐久性も高く長持ちする点も2液型塗料の魅力でしょう。

住宅の外壁塗装に使用される塗料とその特徴一覧

アクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素といった各塗料の特徴を説明します。耐久年数、費用などの基礎情報も把握しましょう。

各塗料の詳細

塗料の種類 主な特徴 耐久年数 相場(1平米辺り) おすすめの人
アクリル塗料 モルタルのひび割れを改善に対応しています。しかし耐久年数が短く汚れが付きやすいです。 約4年 約900~1,300円 ・こまめに塗り替えしたい方 ・費用を抑えたい方
ウレタン塗料 密着する性質を持っているため塗膜が剥がれた箇所の塗装に最適です。耐久年数はアクリルと比較すると2年程しか変わりません。 約6年 約1,500~1,700円 ・あまり費用を掛けられない方 ・塗料の剥がれが気になる方
シリコン塗料 現在主流となっている種類です。価格と耐久年数のバランスが安定しており人気です。1平米辺り程となっています 約13年 約2,300~3,000円 ・安すぎても高すぎても嫌な方 ・耐久性を重視している方
ラジカル塗料 2015年に発売された次世代塗料です。どんな外壁にも適応するため、使いやすいです。 約14~15年 約2,900~3500円 ・費用より性能を重視したい方 ・外壁塗装を頻繁にしたくない方
フッ素塗料 非粘着性、耐薬品性、低摩擦性、耐候性といった4つの特徴を持っています。外部からのダメージに強く耐久年数が長いです。 約15~20年 約3,500~4,000円 ・長期的に見て費用を抑えたい方 ・塗装効果を長持ちさせたい方

種類別に特徴を見ると、それぞれの違いが分かります。性能・耐久年数・相場の3つを比べてみてください。

外壁塗装の際に覚えておきたい塗料一覧

緑のペンキを白い壁に塗る劣化状況に応じた性質を持っている塗料について説明します。

劣化の種類に合った塗料選び

カビ・クラック・汚れなどが原因で外壁の美観性や機能性が衰えます。それぞれの原因に合わせて塗料の種類を選ぶという方法もあります。

防カビ剤入り塗料

名前の通りカビ防止の薬剤が入っているため、カビ予防をしたい方に最適でしょう。しかし、最近はほとんどの塗料に防カビ剤が入っているため、こだわって選ぶ必要がなくなっています。

クラック対応塗料

クラックとはひび割れのことを指します。弾性があるクラック対応塗料はゴムに似た性質で伸び縮みするため、クラックを防いでくれます。

汚れ防止塗料

弾性は塗膜が柔らかいため汚れが付着しやすいですが、汚れ防止塗料は弾性ではないため汚れが付着しづらいです。

最適な塗料の種類を見極めて外壁塗装を依頼しよう

外壁塗装に使用する塗料には、多様な種類があることが分かったでしょう。各種類によって性能はもちろんのこと、耐久性・費用相場なども異なってきますから、慎重に選びたいものです。メリットだけでなくデメリットなども把握した上で、最も適した塗料を選んでください。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
外壁塗装の基礎知識】の関連記事
  • 外壁 塗料
    外壁の美観を維持!劣化を防ぐコーティングとは?
  • 一軒家の玄関
    外壁塗装を検討しているならサイディングは押さえておこう!
  • ソファで悩む男性
    外壁塗装で後悔しないために気を付けたいこと
  • ペンキ
    自宅の外壁塗装【どの塗料を使うのが正解なの?】
  • 家をメンテナンスするイメージ
    マイホームのメンテナンスは大丈夫?【外壁塗装の必要性】
  • ペンキを塗る男性
    外壁塗装の種類を知り住宅メンテナンスに活かそう
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。